menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

言葉から読み取れない女の本音?復縁前の元カノの心理

復縁前の元カノの心理と本音

何で好きになったのか、何で彼女と特別な関係になったのかなんて、そんなこと説明できないというカップルは実は意外と多いのです。
誰かを好きになる理由なんて、本当にちょっとしたことなんですよね。

だから口ではうまく説明できないというのも納得です。
「目の前に山があるから僕は登るだけ」なんて名言もありますが、それとちょっと似ているのが、恋愛の始まりなのかもしれません。

ただ、上手に説明できないからこそ、二人の関係が長く続かないということもあるのは事実。
実際につきあってみたら、性格が合わない、趣味が違う、食べ物や考え方などいろいろなトラブルが原因で別れを選択する事があります。

いざ別れてみたのはいいが、彼女のことをすんなりあきらめることはできない、説明できないけど、やっぱりもう一度関係を修復したいという男性は、復縁にむけいろいろな方法でアプローチすることでしょう。

一度別れてしまった彼女と関係を元通りにすることを復縁と言いますが、それは恋愛のように簡単にはいきません。
特に女性は、一度別れてしまった元カレの元へ素直に戻ることができない、素直に今の気持ちを伝えることができないというタイプの女性が多くなっていると言われています。

本当は彼女だってあなたのことが忘れられず、いらいらと焦っているはずなんです。
そんな女性の本音を探って、復縁を成功させてみませんか。

本音1、とにかく面倒!

「だって面倒くさいんだもん」と口癖にしている元カノ。
実は元カレに未練たっぷりなんですよね。

新しい恋を見つけることが面倒くさいと周囲の友人には、公言し、今だフリー状態である場合、実は過去の男に未練たらたら。
そんな彼女に素直に復縁をアプローチすることで、意外とあっさり関係を修復できるかもしれませんね。

本音2、空白を埋めて!

失恋したことで、週末の予定がまったく入らないんだけど・・・と愚痴っている元カノ。
あなたへの未練と、別れたことへの後悔から週末の予定が入らないイライラを口にしている場合、週末やオフの日などを狙ってお誘いするのが絶好のチャンス。

週末の予定が埋められないという言葉は、つまり、独りで過ごすのは嫌、寂しい、という意味も含まれているはずなんです。
復縁のコンタクトを取るタイミングとしては、絶好のチャンス。

彼女の仕事のオフや週末の予定を事前に調査して、彼女が独り過ごす寂しい時間を埋めるように努力してみては?

本音3、とりあえず!

復縁をせまった彼女の口から「まっとりあえず、次の男ができるまでってことで」という感じで、なんとなくあなたとの時間を過ごすようになったときも復縁のチャンスです。

心底嫌いになった彼と一緒の時間を過ごそうなんてことは、まずありえませんから、とりあえずという言葉を加えて、一緒に過ごすというのも収穫ありなんです。

素直に一緒に過ごしたいという気持ちがいえないプライドの高い女性は、「とりあえず」という言葉で、自分自身の気持ちさえごまかしているのかもしれませんね。

まずは友達というスタンスから一緒の時間をできるだけ多くすごしてみてはいかがですか?
時間をかけてゆっくりと二人の間にできた亀裂を修正することで、復縁の可能性も高くなるはずです。

そしていつの間にか、「とりあえず」が「あなたじゃなきゃ」に変わっているかもしれませんね。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事