menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

復縁したい相手の心に響くメールやLINEの作り方・方法ってある?

相手の心に響くメールやLINEの作り方・方法

復縁に欠かせないのがメール、ラインです。
いきなり会うのは、抵抗あるし、電話では拒否される可能性も・・・。

一方、ワンクッション置く事ができるメールやラインは、復縁には最適なアイテムとなります
そこで今回は、復縁したいときに活用できるメールやラインの作り方、方法、注意点などを紹介します。

1・「しつこい」はNG

復縁に限らず、相手と親しくなりたいなら、「しつこく」しては絶対にいけません
相手からの連絡がまったくない状況であっても、何度もしつこくメールやラインを送るのはNGです。

本気で復縁したいなら、自分スタートのメールやラインは、1回のみ。
あとは、レスポンスを待って、それに反応するというスタンスを忘れないようにしましょう。

2・「重い」はNG

「辛い」「寂しい」「苦しい」「最悪」等、相手のテンションが下がるような内容は復縁メールのタブー中のタブー。
あなたのそんな部分が嫌いだったから、「別れ」が訪れたのかもしれませんよ。

相手の気持ちがダダ下がりするような内容は絶対に禁物。
「こいつとメールしていると本当に楽しい」「ワクワクする」というハッピーメールにしてください。

3・「遅い」くらいがちょうどイイ!

復縁相手から返事に、すぐ折り返してはダメ
一呼吸も、二呼吸もおいて、焦らしに焦らしてから返信してください。

相手が「まだかよ~」と、ちょっとイラつくくらいの返信ペースの方が断然復縁の確率が高まります。

4・自分のことは話さない

メールやラインのやり取りに慣れてくると、意外と多いのが自分のことをベラベラと話す人。
復縁したいならなおさら、自分のことを全部さらけ出すのは、まだまだ早い!

相手に「今どんな生活しているのだろう」「どんな仕事をしているのだろう」「付き合っている人はいるのかな?」と、不安にさせなければいけません。
相手に芽生える「不安」は、恋愛ホルモンPEAの分泌を活発にさせるきっかけとなるので、復縁成功が射程圏内に入るかも。

相手に質問されるまで、多くを語らないようにしてくださいね

5・疑問形で締める

メールやラインの最終的な目標は、「直接会う」事ですよね。
その時がくるまで、メールやラインのやり取りを途絶えさせてはいけません。

そのためにも次に繋がる文面にしましょう。
その方法は、文章の最後を疑問形にすることです。

質問されたら、答えるという図式ができれば、メールやラインはずっと続きますよ。

6・相手の都合を優先する

やり取りしている内に、会ってみる?という状況にまで発展したら、相手の都合に合わせてください。
せっかくここまで漕ぎ着けたのに、復縁を失敗させる人がいます。

その原因は、自分の都合で動く人です。
例えば「○日の○時間なら会えるけど、どうする?」という文面。

相手の都合を一切無視しているのが明らかですよね。
一方復縁成功者の文面は「私はいつでも大丈夫です。都合の良い時にいつでも連絡ください」となるはず。

相手のことを一番に考えて文面を作れるように心がけましょう

7・「イメージ」させる

「今度の週末映画でも見ませんか?」というよりも
「鳥肌が2日も治らないって話題の映画があるみたいだけど、一緒にどうですか?」の方が「見てみたい!」と思いませんか?

ワクワク感をイメージできる内容なら、お誘いにも乗りやすいですよね。
以上、相手の気持ちをグラグラ・ワクワク、気持ちよくさせる復縁メール・ラインを紹介しましたが参考になりましたか?

拒否されたらどうしよう、連絡が来なかったらどうしようと、不安もありますが、ダメで当たり前、返信が来てラッキーという気持ちで気軽に連絡してみてください。
その一歩がなければ、復縁は実現できませんからね。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事