menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

復活愛に必要な冷却期間の大切さ

復活愛に必要な冷却期間の大切さ

復縁の情報をインターネットや関連する情報誌等で調べてみると、そこには必ず「冷却期間」という言葉に遭遇します。

「冷却期間」とは何か?

復縁を成功させるためにはなぜこの「冷却期間」が必要なのか、何のためにその期間を設置するのかなどを詳しく調べてみたいと思います。

復縁に必要な冷却期間とは

「冷却期間」というのは、恋愛関係にあった二人や夫婦関係にあった二人が別れた後、例え一方が復縁を望んでいたとしても一切アクションを起こさない、起こしてはいけないといわれている期間のことを示しています。

冷却期間にあたるこの時期は、互いに愛し合っていた二人であったとはいえ、何かしらの原因で別れてしまった直後なのですから、感情的になり、中には愛しさがひっくり返り、憎悪すら感じていることだってあるのです。

その期間に二人が再び出会うようなことがあれば、復縁できる状況もすべて崩壊する危険性が高くなるのです。

つまり冷却期間とは、二人が一切会わないことで、最悪の事態を避けることができるという意味もあるのです。

冷却期間がもたらす効果とは

別れた直後の男女は感情的になり、相手を攻撃する傾向にあります。

実際には心に思ってもないことも喧嘩の延長上で、思わず口にし、相手を傷つけることもあるでしょう。

愛しているからこそ、思わず出てしまった言葉というのは、一生相手の心に深く傷をつけることになり、そこからの修復、復縁は非常に困難とさせてしまうのです。

冷却期間とは、怒りや後悔、あせりや悲しみなど、さまざまなマイナスの感情を取り除くために必要な期間で、負の感情を取り除かなければ正常な行動はできないのです。

本気で復縁を希望しているのであれば、冷静さを取り戻し、まっさらな気持ちで、相手ともう一度向き合うための精神状態を取り戻す期間であり、感情的になった自分の醜さを相手に見せることを避ける為にも必要なのです。

この時期、相手に会いたい気持ちはよく理解できますが、ぐっとこらえることで、負の状況をぶつけることが避けられ、復縁の可能性を高めることができます。

冷却期間に必要な時間とは

どのくらいの時間をおけば、感情のコントロールができるのか、冷静さを取り戻せるかというのは状況によって様々です。

どのような理由で別れてしまったのか、今どのような状況なのかによって、必要な冷却期間は様々です。

通常復縁を可能とする期間は、別れてから3ヶ月といわれていますのでそれを目安に気持ちの整理を行うといいでしょう。

だからといって焦ってはいけませんし、長く置きすぎてもいけません。

突発的な喧嘩の場合は、約3週間程度で復縁できる場合もありますので、その状況をよく把握できるようにしましょう。

万が一、職場やアルバイト先が一緒という場合は、極力顔を合わせないように注意し、冷却期間に近いような環境を作れるようにしてください。

冷却期間終了の合図をしよう

そろそろ復縁のタイミングだと判断したら、軽くジャブをうちましょう。

連絡が取れる環境にある場合なら、メールで軽い状況報告を送るのもいいかもしれません。

返信が直ぐにない場合には、もうしばらく冷却期間をとることも重要です。

復縁とは、一方の気持ちがあっても成立できません。

互いの気持ちが、落ち着きを取り戻さなければ復縁は成功しませんので、あせらず慎重に行うようにしましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事