menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

復活愛が実現できる別れの見極め方

復活愛が実現できる別れの見極め方

交際している相手は、結婚相手などパートナーから別れや離婚をつきつけられた場合でも、そこにまた気持ちが少しでもあれば復縁したい、関係を修復したいと考えることでしょう。

特別な関係として長く同じ時間をともにしたのですから、そんなに簡単に気持ちの整理なんてつけられないのが男女関係の難しさなのです。

ただ、修復・復縁できるかどうかというのは、どのような別れ方をしたのか、という状況によって大きく異なります。

つまり、復縁の可能性が残されている離婚や別れ、修復の可能性が少しも残されていない別れと二つに分けて考えられます。

ということは、まだ復縁の可能性があるにもかかわらず、何もしないのは本当にもったいない、逆に復縁の可能性がないにもかかわらず、そこに執着するのは、互いに苦しむだけでまったく意味がありません。

ただ、修復の可能性があるか、ないかという判断は、離婚や別れを作ってしまった原因そのものにあるというわけではないのです。

たとえば、彼や夫の暴力が原因であったり、浮気が原因で別れた場合でも復縁できるカップルもいれば、できないカップルもいるのですから。

復縁の可能性のある離婚問題の特徴とは

では、どのような別れの状況が復縁の可能性があるのか、という見極めは、以下のような特徴があるといわれています。

別れた後であっても、メールや電話でのやりとりができる環境にある場合、さらに別れた相手から金銭的な問題などの要求が一切ない。

別れた後、一人で生活していく上での生活設計がまったくなされていない。別れた相手の友人や家族などと親密な関係にあり、自分の味方となっている人が多いといった場合です。

このような状況下にある場合は、復縁の可能性が少なからず残されていると判断してもいいでしょう。

なぜなら、腹の底から別れを決意している人というのはその瞬間、元パートナーとなっていた人の連絡先の情報をすべて削除し、一切の連絡を取れない状況にするのです。

さらに別れたあと、一人でどのように生きていくのかというプランがはっきりとしているといった、明確な意図が見える状況にあるでしょう。

復縁を行う上でもっとも難しいのは、相手と話をするチャンスが作れない、連絡が取れないことですから、とりあえず連絡できる関係にあるということは、少なくとも今後に向けた話し合いの場を、設けることができることなのです。

ただ、これらの条件が整っているにもかかわらず、どうしても復縁・関係の修復ができない場合もあります。

どうしても復縁、修復ができないケース・女性・妻に問題がある

例えば男性側が、復縁をしたいと精一杯の気持ちを伝えても、女性が復縁にOKサインを出さない場合とはどのようなケースなのでしょうか。

それは女性の年齢が非常に若く、これから先、さまざまな経験をしたい、もう少し遊びたい、と考えている場合。また、仕事にやりがいを感じ、

恋愛や結婚願望が低い傾向にある場合、女性が別の男性に好意を寄せている場合や、男性よりも女性の収入が極端に多いという場合があります。

特に若いカップルや結婚相手との年齢差がありすぎる場合には、これから先、新しい経験をしたい、もっと多くの方と付き合ってみたいという気持ちが強く働くことから、復縁の可能性は限りなく少ないということも考えられます。

どうしても復縁、修復ができないケース・男性・夫に問題がある

逆に女性が復縁を希望しても、男性が受け入れない場合とは、夫や彼の浮気、不倫が原因でその関係を清算する気持ちがない場合や女性よりも年齢が若く、

遊びたい時期である場合、強い女性に対する恐怖心を強く感じている場合などは、いくら女性が反省し、復縁をせまったところで、元の女性のもとへ戻ることはないかもしれませんね。

特に男性の場合、新しい女性と体の関係にのめりこんでしまうと、どんな手を使っても気持ちを取り戻すことは不可能といえるでしょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事