menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

失恋して深く沈んでいく感覚からの脱却

失恋して深く沈んでいく感覚からの脱却

彼(彼女)のことが好きすぎるあまり、他の事をそっちのけで目の前の恋愛に依存する人が増えています。
しかし、あまりにも恋愛に依存しすぎてしまうと大変危険です。

特に男性は、彼女からあまりにも愛されすぎることで、恋愛を続けるのが怖くなることもあります。
友人関係や仕事関係への影響も考慮すると、彼女との別れを選択せざる得ない場合も多々あるでしょう。

しかし、恋愛依存にある女性は、大好きな彼から別れを切り出されると生活のすべてが一変。
失恋した直後から深い深い海の底に沈んでいくような感覚に陥り、社会生活を送ることができない危険な状況になることもあるのです。

恋愛に依存しすぎた人が別れた直後にとる行動の一つに、ストーキングがあります。
別れという現実を受け入れることができない、失恋して深く沈んでいく感覚から脱却できずに、冷静な判断力を失うことによる大変危険な行動です。

元パートナーと復縁をしたくても、このような行動をしては、もう一度関係を取り戻すことは不可能です。

恋愛依存症とは

恋をすると周りの状況がまったく見えなくなり、仕事も交友関係もすべてダメにするのが、恋愛依存症の特徴です。
24時間365日彼(彼女)のことばかりを考えるあまり、病気的な状況に陥ってしまうのです。

大切な彼(彼女)がいる間は、毎日が楽しく、浮き浮きした気持ちでいられるのですが、少しでもバランスを崩すと取り返しの付かない状況に陥ってしまうといわれています。

例えば、彼から突然別れを切り出された場合は、失恋という状況から抜け出せず、深く沈んでいく感覚にいつまでもおぼれてしまうのです。

別れを受け入れることができない人は、復縁を実現できないだけでなく、新しい恋を見つけることも、社会復帰を果たすことも難しい場合もあります。

恋愛依存症を克服しよう

恋愛依存症になっている人は、大抵男性から別れを切り出されるケースが多いのが現状です。
なぜなら、「束縛感」を強く感じるからです。

恋愛を長続きさせるためには、パーソナルスペースを程よく保つ必要があります。
目の前の彼だけに、すべての時間を費やすのではなく、自分一人の時間も楽しめる人間でなければいけません。

そうすることで、彼の大切な時間を尊重し、互いの関係を良好に保つことができるのです。
どんなに特別な関係であったとしても、それぞれの趣味の時間や交友関係の時間、仕事やライフスタイルを尊重し、理解してあげなければならないのが、恋愛を長続きさせる秘訣です。

夫婦であってもそれは同じです。
同じ屋根の下で生活をしても、別々の時間を楽しめる関係でなければいけません。

相手の時間にかならずあわせるのではなく、優先すべき仕事、人間関係を維持した上で、二人の関係をも長く続けられることこそが最高の男女関係なのです。

恋愛依存の状態から克服できなければ、復縁を目指すことは到底不可能です。
元パートナーに復縁の話を持ちかける前に、自分自身の改善に努力するようにしてください。

別れを受け入れ、復縁の一歩を踏み出す覚悟

ただ、別れた直後は、誰だって失恋の悲しみによって深く沈んでいく感覚があるのは当然です。
しかし、もう一度、元パートナーと復縁したいと願うのであれば、いつまでも深い闇にとらわれてはいけません。

ある程度落ち込み、悲しみ、涙を流したら、次はその先の一歩を踏み出す力を持たなければならないのです。
なぜ彼(彼女)に嫌われてしまったのか、別れを切り出されたのかを考え、どうしたら元パートナーと復縁できるかを前向きに考えるようにしましょう。

恋愛に依存せず、今度こそは、相手の生きかた、考え方、時間の使い方等を理解できる自分であるように強い気持ちを持つことも大切です。

失恋してとても悲しく、深い闇に取り込まれてしまうのは、自然のことです。
ただ復縁を少しでも早く実現したいならば、沈んでいく感覚から早く自分を回復させる努力をしましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事