menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

自分を忘れられる事が心配でジタバタするのはNG

忘れられる事が心配でジタバタするのはNG

カッとなって思わず「別れてやる」と言ってしまった。彼(彼女)から突然別れを切り出された、浮気されたから。などなど、別れの理由は色々とあります。

しかし、どのような状況にせよ、一度は心から大切に思い、愛した人なのですから、そう簡単に忘れることも気持ちの整理をつけることもできないでしょう。

日がたつにつれ、こみ上げてくるのは別れた恋人のことばかり。
考えれば、考えるほど、募る元恋人への思いをどうすることもできず、焦って行動する方もいます。

このまま何もしないでいると、「自分のことを忘れられる」という焦りだけが募り、冷静さを欠き誤った行動に走って、最悪の状況を招く方も少なくありません。

ここでは、自分を忘れられる事が心配で、別れてしまった彼(彼女)に対し、間違った行動をとらないための方法を紹介しますので、参考にしてください。

別れた直後は、ジタバタせず、とにかく冷静な気持ちを取り戻すよう努力しましょう。

方法1・相手の立場になって考える

自分を忘れられる事が心配という人は、きっと彼(彼女)と付き合っているときから、そうやって自分のことばかりを考えていたのかもしれませんね。

大切な人の記憶から自分の存在が消えてしまうことだけを心配するあまり、相手の置かれている状況を何一つ考えることができない、自分勝手な人なのです。

そんな人、フラれて当然ですよね。
本当に別れた恋人の気持ちを、再び取り戻したいならば、自分を忘れられる事を心配するよりも、まずは相手がどんなにか辛い思いで別れを決意したのか、これまでどんな気持ちで一緒にいてくれたのかを、良く考えるようにしてください。

方法2・なぜ?を考える

別れた直後にするのは、「自分を忘れられる事」の心配ではありません。
なぜ?彼(彼女)は自分と別れると決意したのか、何が悪かったのか?二人の間にいつズレが生じたのか?など、ありとあらゆる「なぜ?」を考え、一つ一つ整理するようにしましょう。

あなたが抱える「なぜ?」をすべて解決できなければ、復縁を成功させることはできないでしょう。
自分を忘れられる事をいつまでも心配する人は、万が一復縁できたとしても、本物の「愛」を取り戻すことはできないはずです。

方法3・反省点を改善する

自分の存在や二人の思い出を忘れられる事を心配するよりも、自分の何がいけなかったのかを反省する時間を設けましょう。

復縁を現実のものにしたいならば、彼(彼女)に押されたマイナスの烙印を改善できなければいけません。
別れを告げられたのであれば、少なくともあなたに反省する点があるはずなのです。
完璧な人はいません。

自分でも気が付かないうちに彼(彼女)を傷つけていて、窮屈にさせていたのかもしれません。
もう一度大切な人に、大切な人だと感じてもらうためにも、何がいけなかったのか反省する点を見つけるように努力しましょう。

元恋人との復縁を考えている方で、復縁を失敗する大抵の人は、不安からこれまで以上に必要に連絡したり、自分の気持ちだけを一方的に伝えるなど、さらに相手を傷つけたり、重荷に感じさせる行動に出てしまいがちです。

自分のことばかりを考え、主張するのではなく、相手の立場になった行動を心がけるように注意してください。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事