menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

相手が引いているなら一定の距離を置くことも必要?

一定の距離を置くことも必要

普通の恋愛を成熟させるよりも、はるかに成功の確率が難しいと言われている復縁。
一筋縄ではいかないことを最初に覚悟しなければいけません。

しかし、難しいと言われている復縁を成功したのち、再び恋人同士の関係を取り戻した男女が結婚したというケースも度々耳にします。

二人の関係が一度は破綻したといえ、彼(彼女)への思いを断ち切ることができないなら、もう一度付き合うということに力を注いでも無意味ではないということです。

ただ、復縁成功のためには、片方の気持ちだけを一方的に押し付けてはいけません。
相手が引いているなら、一定の距離を置くことは重要なポイントとなります。

しばし、復縁成功するためには距離、冷却期間が必要とされていますが、「距離を置く」ということの意味を、具体的に考えていきましょう。

距離を置く、冷却期間に必要なのはズバリ心の冷却?

ヨリを戻したいのに、相手が引いている。今の段階では復縁を望んでいないと感じたら一定の距離を置く必要があります。

「距離」のことを冷却期間と表現されることがありますが、何を冷却するのか、この場合別れや失恋という最悪の状況で発生している、心と頭の混乱を冷却するのです。

別れてからさほど時間も経過しないままでは、二人が冷静に話し合いを行うことはまず難しいでしょう。
特に恋人の浮気などが原因でケンカをし、別れを告げられたら、それこそ冷静な態度を取り続けるのは困難です。

もう一度二人が復縁するためには、冷静な話し合いが必要です。
冷静さを取り戻すために、必要とされているのが、「距離」「冷却期間」なのです。

どの位の冷却期間を取れば良いのか?

では、どのくらいの距離を保ち、どの程度の冷却期間が必要なのでしょうか。
相手がどのくらい引いているのかという状況や、別れた際の二人の関係性によっても、期間や距離はさまざまですが、共通の友人を介し相手の近況がなんとなく分かるくらいの距離を保つのがベストです。

さらに連絡先を確保しているというのも復縁成功に向けての条件となります。
冷却期間については、1週間、1ヶ月、3ヶ月がおおよその目安となりますが、別れの状況が悪ければ悪いほど、相手が引いている状況がひどければ酷いほど、期間は長く設けたほうがいいでしょう。

状況別冷却期間の対応

例えば冷却期間が一週間とする場合は、ほんの些細なケンカで、双方の感情のコントロールができない事が原因の場合に有効です。

互いに「別れる」つもりはないものの、なんとなく関係が悪化している場合には、しばらく別々の時間を設けることによって、反省すべき点を冷静に把握できるようになるでしょう。

ただし、感情のコントロールができず、怒りがおさまらない場合は、さらに期間を長くおくようにしてください。
冷却期間が1ヶ月ないし3ヶ月程度必要である場合は、彼(彼女)に振られてしまった、別れた直後に相手が引いている、連絡を一切取らないようにしているなどの危険な状態です。

この場合には、こちらから連絡をしたり、会いたいなどの申し出を一切行わないことが、復縁に繋がるベストな方法です。

冷却期間が長くなればなるほど、相手に対する思いが強くなり、感情のコントロールを維持するのが厳しい場合もありますが、引いている相手の気持ちを再び取り戻すためには、この期間何をすべきかをしっかりと考え、正しい行動ができるようにしてください。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事