menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

自宅や職場の前で待ち伏せするなら、もっとプラスに活用しよう

待ち伏せするならもっとプラスに活用しよう

振られた彼(彼女)に対する自宅や職場前での待ち伏せ行為は、復縁を考える上で、もっともタブーな方法だと言われています。

確かに、どんなに考えても振られてしまった相手に対し執拗に付きまっとったり、ストーカーまがいのことをすることは、絶対によい行動とはいえません。

ただ、勘違いしてほくないのは、どのように待ち伏せ行為をしているかなのです。
相手に対し、不快な印象を与えてしまう、相手がものすごく嫌がっているのに、自宅や職場で待ち伏せをしているという状況は当然やってはいけません。

では、どのようにしたらプラスに変えられる待ち伏せができるのでしょうか。
ここでは、復縁を行う上で、大切な待ち伏せを有効にする方法を考えていきましょう。

その1・敗因分析をする

「君と別れたい」「もうやっていけない」と一度二人の関係を終わらせたいと恋人から告げられたにも関わらず、執拗に「私とやり直して」「別れたくない」「愛している」などの言葉を連呼しては、逆効果です。

この時点で、自分の抱えている気持ちを相手に伝えようと努力しても、まったく効果はありません。
さらにこの行動次第では、後の待ち伏せ行為がストーカーと判断されてしまうケースもありますので注意が必要です。

この場合の有効な手段は、一度別れを受け入れるという冷静な対応です。
相手の立場を考え、なぜ別れたいと思ったのか、二人の間にどのようなズレが生じていたのかを時間をかけて分析するようにしましょう。

冷静さを失ってしまっては、復縁にむけての道は閉ざされたと思いましょう。

その2.SNS調査

万が一彼(彼女)がツイッターやfacebook、ブログなどのSNS機能を活用していた場合には、これらの機能を徹底的に調査してください。

彼(彼女)が日々アップする内容ややり取りの内容、誰と、どのような会話をし、どのような行動をしているのかと詳しく確認してください。

それを行うことで、なぜ彼(彼女)が自分との別れを決意したのか、今どのような気持ちでいるのかなどが理解できるはずです。

あくまでも復縁にむけた準備であると認識し、執拗にのめりこまないのが注意点です。
またSNSで気になる異性の存在を見つけてしまっても、それを悪い方向に想像してはいけません。

新しい異性の存在が確認された場合には、一度身を引く覚悟も必要です。

待ち伏せをプラスに作用させる方法

別れた元恋人と復縁をするための土台作りを完璧に整えたら、次に実際に会って話をしなければいけません。
直接会う前にメールや電話で連絡をすることもできますが、偶然を装って街中で会うというケースも時に有効となります。

その場合、あくまでも「偶然」を作らなければいけませんので、数日、彼(彼女)の帰宅後の行動を確認してみましょう。

ここでの注意点は、絶対に彼(彼女)に待ち伏せをしているということを気づかれてはいけないということです。
そして、執拗以上に行動を監視することにのめりこまないよう自分の気持ちをコントロールしましょう。

自分自身の行動に自信が無い場合は、友人などに協力してもらうのも一つの方法です。
恋人の行動パターンがある程度分かったら、偶然再会できるシーンを作ればいいのです。

そうすることで、再び二人の間に何かしらの刺激が加わり、復縁の可能性も広がるのではないでしょうか。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事