menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

冷却期間は必ず置くと言われているが本当の意味は何?

冷却期間を置くという本当の意味は何か

恋人とケンカをしたり、一方的に振られた、突然の別れや破局、浮気や不倫など色々な原因で長く付き合っていた恋人との関係が壊れてしまうことがあります。

理由はともあれ、相手に別れを告げられたからと言って、素直に「はいそうですか」なんて、すぐに別れを受け入れることができない人も多いことでしょう。

一方的に振られた、相手が浮気したにせよ、彼(彼女)への思いが断ち切れない人ほど、冷却期間は必ず置くこととされていますが、その本当の理由って知っていますか?

元恋人への思いに整理がつけられない、忘れられない、もう一度復縁したいと思っている人ほど、「冷却期間を必ず置く」という意味を理解しなければいけません。

復縁できるならなんだってするよ、程度の把握では、冷却期間を置くことの意味を最大限に使用することはできないでしょう。

冷却期間を必ず置く目的その1・誰も傷つけないため

では、まず最初になぜ愛し合っている二人の破局や窮地の際に「冷却期間」が必要なのか?
その理由は、いくつもありますが、一つ目に冷静な自分を取り戻す必要があるからです。

別れを告げられた人間も、別れを告げた人間も、とにかく頭と心がパニック状態にあります。
冷静な判断能力が欠如し、本来思ってもないことを口にしたりと、相手を無意識に傷つけてしまう危険性が高い状態になっているのです。

相手を傷つけず、自分に不利な状態を導かないためには、傷つけるであろう人の目の前から、一時的にでも消える必要があるのです。

これは、復縁をする上で、もっとも重要な手段であると認識してください。

冷却期間を必ず置く目的その2・相手への依存を捨てる

復縁ができない人の共通点の一つに、「別れを受け入れることができない」ケースがあります。
恋人に対する依存度が高ければ高いほど、別れという現実を受け入れられず、泥沼の状態に発展するのです。

人間誰しも弱い生き物ですから、恋人に依存してしまうのは当然。
しかしこの場合、相手の気持ちを理解し、一度は別れを受け入れるだけの強さがなければ、復縁はとても困難を極めるでしょう。

弱い自分から脱出し、相手に対する依存を解放するためにも冷却期間をおき、もう一度二人の関係を考える必要があるのです。

恋愛とは、依存している人ほど楽な恋愛ができるかもしれません。
しかし、恋人の依存度が高ければ高いほど、その恋愛は苦痛なものになると感じているパートナーがいることも忘れないようにしましょう。

冷却期間を必ず置く目的その3・自分自身と向き合う

突然の別れは、誰しも辛いものです。
辛いという現実から逃れるために、とっさに相手を傷つけるような言葉を発したり、責任を相手におしつけたりと様々な行動に走ることでしょう。

しかし二人が別れることになった原因は、片方に問題があるのではありません。
復縁を成功させたいのであれば、責任のすべてを相手に押し付けるのではなく、自分自身の弱い部分、悪い部分、反省する点など、自分自身としっかりと向き合っていかなければいけないのです。

そのためには、一時的に彼(彼女)の元を離れ、冷却期間を設け、徹底的に自分の弱さと向き合うことに専念しましょう。

このように冷却期間を設けることは、復縁を成功させる上でどうしても必要です。
しかし当然ながら、これまで当たり前のように一緒に過ごしていた人と、離れ離れになることこそ、不安な時期はないでしょう。

さらに冷却期間を置いている意味がまったく理解していないほど、この期間の辛さに耐えるのが難しくなり、誤った行動に走りがちなのです。

なぜ冷却期間を置くことが重要なのかということを、はっきりとさせることで、辛いこの時期を乗り越え、再び二人の関係を修復できるだけの力を養うことができるのではないでしょうか。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事