menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

「また会うために」と復縁を決意したらやるべきこと

復縁を決意したらやるべきこと

元彼(元彼女)と復縁したい、ヨリを戻したいという強い気持ちがあっても、その思いだけでは復縁は成功しません。
むしろその気持ちのまま動いてしまうと逆効果になる危険性が高いということを覚えておきましょう。

ここでは、大好きで絶対に忘れることができない彼(彼女)にまた会うために、今何をすべきで、何をしてはいけないのかまとめてみました。

復縁の方法やコツ、タイミングにポイントをもう一度考えてみるといいでしょう。

復縁のチャンス1回

「また会うために」と腹をくくったら、まず冷静な自分を取り戻す事がポイント。
復縁にもっとも危険とされているのは、焦りです。

感情のコントロールができない状況で、何度も元彼(元彼女)に復縁を迫っては絶対にいけません。
復縁のチャンスはほぼ1回であるということを認識しましょう。

何も準備もしないまま、ただ感情にまかせて何度もアタックしては、その分復縁に関する効果は薄れていき、最終的にあなたの気持ちは元恋人に届かないどころか、ドン引きされる危険性も高くなります。

「また会うために」この言葉を胸に、我慢するときにはグッと我慢するなど、復縁に焦りは禁物です。
交際前よりもさらに慎重な態度、行動、言動が必要です。

復縁アピールに必要な準備期間

別れた元恋人と実際に会って、復縁のアピールをするまでは、冷却期間と呼ばれるとても辛い時期を過ごさなければいけません。

冷却とは、パニックし、混乱している頭と心を冷却するための期間であると同時に、復縁を成功させるためには、どうしたらいいのかを考える準備期間でもあります。

別れの原因を追究し、自分自身のこれまでの反省点を改善し、彼(彼女)にまた会うためには、何が必要なのかを考える期間となります。

復縁アピールまでに必要な準備期間は、別れの状況などによっても異なります。
些細なケンカが原因で別れてしまった場合には、互いの気持ちが落ち着くまでの期間が必要となりますので、3週間もしくは1ヶ月程度の時間をとりましょう。

その他、恋人に一方的に振られてしまった場合は、たっぷりの時間を使って原因追求をしなければなりません。
そのためには、少なくとも3ヶ月以上の時間は必要でしょう。

さらには、あなたの浮気が原因で元恋人を傷つけてしまったという場合には、相手の傷が癒されるまでじっと我慢して待ち続けなければいけません。

また会うために必要な手段

準備期間を経て、ようやく元恋人に会う自信とタイミングを見つけることができれば、どのような方法で連絡を取るのかを考えましょう。

最近では、メールという便利なツールがありますので、これを利用するのが一番良い方法です。
それ以外には、直接電話を入れるという手段もありますが、いずれにせよ注意をして欲しいのが、相手の状況をよく理解し、相手の立場になって常に行動すると言うことです。

つまり、執拗にメールをしたり、電話を入れる、返答を焦る、重い内容のメールや電話をするなどの行動は絶対にやってはいけません。

アプローチの第1段階では、とにかく自然にシンプルに心がけるようにしてください。
この際、復縁の結果がどうあれ、「また会うために」という気持ちを胸に、忘れられない人の顔をもう一度見れればそれでラッキーだと思うようにしましょう。

復縁に必要なのは、とにかく焦らず、じっくりと時間をかけるということに限ります。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事