menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

相手に大切な人だと思わせるテクニック3タイプ

大切な人だと思わせるテクニック3タイプ

誰かを好きになることがきっかけで、その相手に大切な人だともっと感じてもらいたいという想いが、すごく強くなることもあるでしょう。

この人とずっと一緒にいたい、別れなど絶対に考えられないという思いが強ければ強いほど、相手に大切な人だと思わせなければいけません。

ただ相手のことを好きでいるだけでは、それは叶いません。
だからこそ、様々な努力が必要なのです。

ここでは、大切な恋人、元恋人やこれからお付き合いを考えている人、その他同性からも「あっこの人いいな」「大切にしたいな」と思わせるテクニックを紹介しますので、早速実践してみるといいでしょう。

タイプ1・笑顔を絶やさない人

男女共通に言えることの一つに、常に笑顔でいるということがあります。
どんな時でも必ず笑顔で対応してくれる人は、無条件に癒しを与えてもらえますよね。

自分がどんなに辛い状況に置かれても、静かにそして優しく微笑み、楽しそうにしている姿を見るだけで、「この人の為に頑張ろう」「この人のことをずっと大切にしよう」と強く思うはずです。

特に男性は仕事を始めると、外で上司とのトラブル、人間関係、仕事でのミスなど上手く行かないことも多々発生するはずです。

そんなとき、会ってくれる彼女がいつも笑顔で迎えてくれるだけで、ずっとこの人を大切にしたいと心に誓うでしょう。
そんな人になれるよう、常に笑顔でいられる自分を作るよう努力しましょう。

タイプ2・名前で呼ぶ

心理学の一つに「カクテルパーティー効果」という方法があります。
これは、自分の名前を呼ばれるとそれが自分ではなくてもついつい振り向いてしまう、気になってしまうという状況を示しています。

つまり自分の名前というのは、物心付いたときから、自分のことを大切にする人たちが愛情を持って呼びかける魔法の言葉になりますので、自分の名前を呼ばれることに嫌な気持ちになる人は、まずいないということ。

会話をするときに必ず「あなた」ではなく、その人の名前を意識して、そして愛情をもって呼びかけることで無意識に相手にとっての大切な存在になることができるという方法です。

慣れ親しんだ関係になればなるほど、相手の名前を呼ばないといった傾向があります。
さらにケンカのときに「お前」などといった呼び方をするケースもありますが、最悪な状況だからこそ、相手の名前をしっかりと呼んであげるという工夫も必要不可欠なのです。

タイプ3・メールは長過ぎず重すぎず

最近のアイテムで、相手に大切な人だと思わせる方法の一つに、メールのやり取りがあります。
メールとは大変便利で、いつでも気軽に二人の間を繋げてくれるものとなっていますが、使い方次第で、相手にとって「うざい」「面倒くさい」存在になりうることもあるのです。

逆に相手に大切な人だと思わせるメールのテクニックを覚えて起きましょう。
それはとても簡単です。

常にシンプルなメールを送るようにすることです。
少し物足りない、だけと一つ一つに意味があって、記憶に残るようなメールです。

ただし、重く長く、ダラダラとしてメールは絶対に送ってはいけません。
とても短いのに、いつまでも保存しておきたくなるそんなメールになるよう努力しましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事