menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

復縁したいのに元夫に避けられている!距離を縮めるには?

復縁したい元夫との距離を縮めるには

離婚した夫と復縁したくて、懸命に接触を試みるも、なかなか距離が縮まらない・・・。
それどころか接近しすぎて、避けられている気がする・・・。

など、距離の縮め方ってすごく難しいですよね。
ましてや、一度仲が壊れ、離婚した元夫となると、距離の縮め方次第で復縁に失敗する危険性もあります。

そこで今回は、復縁した元夫との距離のとり方、そして縮め方を紹介しますので、参考にしてください。

元夫の周囲には新たな「縄張り」が・・・

「パーソナルスペース」という言葉を聞いたことはありますか?
これは、人と人がコミュニケーションをとる上で、すごく重要な心理学ですが、復縁を成功へ導くために必要なので、この機会にしっかり覚えてください。

「パーソナルスペース(パーソナルエリア)」とは、他人に近づかれると無意識に、「嫌だ!」と、感じる距離(空間)のことを示します。

女性に比べて、男性のほうが、パーソナルスペースの範囲が広いと言われますが、個々の性格や環境、対象者によって、差が生じます。

また、パーソナルスペースは、親密な相手、好意を寄せている相手(家族や恋人、好きな人や信頼できる関係を築いている人)に対し距離は狭く、「一緒に居て心地いい」と感じます。

一方、外敵(嫌いな人、警戒している人)だと思う人に対しては、距離は広く、対象者によっては、「視界に入ること」でさえ、嫌悪感が増幅することもあります。

アメリカ文化人類学者のエドワードホールド氏は、この「パーソナルスペース」を大きく4つに分類しています。

レベル1・密接な距離

肌と肌が触れ合うところから約50センチ程度の距離で、恋人や家族、好意を寄せている人の間柄での許容範囲となる。

レベル2・親しい距離

互いに手を伸ばすと届く距離で、友人や会社の同僚など、ボディタッチを踏まえながら会話ができる間柄。

レベル3・社会的な距離

容易に体に触れることはできない距離で100センチから300センチ程度。
上司や目上の人、商談相手など。

レベル4・公的な距離

電車、駅、街中、ライブ会場など個人間同士の関係がまったくない赤の他人との距離

これらの距離は、個々によってまったく異なりますが、それを無視し、距離を縮めた場合、不快感・嫌悪感が高まり、その対象者に対する警戒心が強く働きます。

以上が、人間の誰もが持っている無意識の「縄張り」です。
つまり、あなたの元夫にも、すでにあなたの知らない「縄張り」が張りめぐらされています。

それに気づかず、無神経にズカズカと入り込んでしまうとどうなると思いますか?
復縁どころか、場合によっては「元妻からストーカーされていますぅ~」なんて、訴えられてしまうことも。

でも、逆にこのパーソナルスペースを上手に活用できれば、元夫との距離を再び「恋人や家族」レベルにまで縮め、復縁に持ち込める可能性も・・・。

そこで、今回は復縁を成功に導くためこの「パーソナルスペース」を上手に使った、距離の縮め方、とり方を紹介します。

あなたは今、夫から見てどのレベル?

復縁を成功させるには、元夫とあなたの距離をレベル1・家族や恋人の域までアップさせなければいけません。

しかし、残念ながら離婚したあなたは、元夫からみて、レベル3。
もしかするとレベル4にまで落ちていることも・・・。

そこでまずは、レベル3から気軽に話のできるレベル2を目標に距離を縮める努力をしましょう。
ここで覚えておいてほしいポイントは、パーソナルスペースというのは、「卵型」であるという点。

そのやや後方に自分を置いて、周囲にバリケードを張りめぐらせているとイメージすると、どの部分から距離を縮めたほうがより安全か分かりますよね。

そうです、もっとも相手に警戒されず、距離が縮まるのが前方横。
逆にもっとも警戒されるのが、後方正面。

これを覚えておいて下さい。

ちなみに、女性のパーソナルスペースの形はまん丸。

レベル3からレベル2への縮め方

レベル3は、相手の顔が見えるものの、細かい表情が見られない、安易に体に触れられない距離です。
この状況で元夫の不信感や警戒心をあおらず、距離縮めるには、

  • 相手の視線からすこしズレる
  • 目をそらす
  • 腕を組むなどの方法

で、元妻との「一緒の時間」に慣れてもらうしかありません。
例をあげて説明します。

例1・友達の協力を得て、元夫と飲むことになった場合

座る位置に注意をしてください。
卵型のバリケードをイメージしたとき、もっともお勧めの席は、元夫の視線から左右前面横。

さらに、元夫の視線に長時間入ることなく、視線が外れることが必要。
例えば、元夫と自分との間に友人を挟んだり、柱や置物などで視界が時々さえぎられることがお勧めです。

もっともダメな位置は、夫の左右真横。
この位置関係に気をつけながら、元夫に妻との時間に慣れてもらいましょう。

チラチラ見える元妻の姿・声に最初こそ警戒するものの、時間をかけて「一緒にいる時間」に慣れてくるので、公的、社会的関係から親しい関係に距離が縮まります。

例2・駅や電車、街中などで元夫に声をかけ、距離を縮めたい場合

この場合も同様に、真正面、真横、真後ろから声をかけるのはNG。
ベストの方向は、前方斜め横。

そして、そのまま立ち話をしたい場合は、前方斜め前に立ち、元夫に背中を向けましょう。
振り向く形(体をひねるような格好)で立ちながら話をするのがベストです。

元夫からは、あなたの背中が見えています。
その為、視線を真正面に受けることも、長時間元妻を見るという苦痛を避けることができるので、長く会話を続けることができます。

以上の方法で、何度か元夫との接触を続けると次第にあなたに対する警戒心が弱まり、パーソナルスペースがレベル3からレベル2に縮められます。

親しい間柄に縮められたら、早速最終段階の恋人や家族の距離感、レベル1です。

レベル2からレベル1への縮め方

ある程度長く会話ができる関係に縮めることができたら、今度は、元夫に体に触れてもらえるまでの距離に近づきましょう。

ただし、ここからは簡単ではありませんよ。
なぜなら、人によってはいくら恋人や家族であっても、「適度な距離感」を大切にしている男性が多いからです。

やたらとベタベタと近づいてくるのをすごく嫌がる方もいるので、その見極めは重要。
では、早速縮め方の方法を紹介しますね。

方法は、夫から好意を寄せてもらう・・・しか方法はありません。
レベル2からレベル1に縮めるには、復縁云々よりも、元夫に「恋愛対象」として再び認めてもらうほか無いのです。

さらに、通常の恋愛の駆け引きとは違い、「以前の妻とはぜんぜん違う」という相当なギャップも必要です。

女としても、人間としても、レベルアップしたなと思われるくらいステキな自分になるよう努力しましょう。
そして、ここから先は、自分から積極的に距離を縮めるようにアプローチするのではなく、元夫から声をかけてもらえるように工夫してください。

例をあげて説明しましょう。

例:飲み会の席で

先ほど紹介した位置である程度の距離を保ち、絶対に自分からは声をかけてはいけません。
そして別の男友達と楽しく会話をしながら、その時間を過ごしましょう。

元夫は、離婚前とはまったく違った元妻に驚きつつ、別の男性と楽しく会話していることに嫉妬すると、居ても立ってもいられなくなって自分から距離を縮めてきます。

元夫から距離を縮めてきたら、もう復縁への道は開けたも同然ですよね。
これを成功させるためにも、自分磨きには徹底的な努力をしてくださいね。

以上の方法で、元夫との距離を少しずつ縮め、復縁成功をもぎ取ってください。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事