menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

元夫と再婚(復縁)の可能性を見分けるには?

元夫と再婚の可能性を見分けるには

一度離婚したからこそ、見えてくる元夫の魅力、そして、「やっぱり好き」という後悔。
多大なエネルギーを使って、離婚したにもかかわらず、同じ相手と復縁したい!と考えるのは、そんなに珍しいことではありません。

ただ、データとして確認できる復縁率は、ものすごく少なく、離婚夫婦のおよそ1割程度。
多くの方が復縁したくても、実際にはどちらか一方の事情によって、復縁できないのが現実です。

また、互いに復縁したい、と思っていても現状から実現できない可能性だってまったく無いとも言い切れないのです。

そこで今回は、離婚後の復縁の可能性について、色々と調べて見ました。

現在、元夫と復縁したいけど、その可能性はどれくらいなのか、実際に復縁を迫った場合、どのくらいの確率で復縁できるのか、などに迷っている方の参考になればと思います。

1・離婚の「原因」で復縁の可能性が異なる

なぜ離婚したのか、その理由によって復縁の可能性がまったく異なります。
いろいろな例で考えて見ましょう。

例1・「夫の浮気・不倫が原因の場合」

夫の不貞行為が原因で離婚した場合、比較的復縁しやすいでしょう。
なぜなら、離婚の直接的な原因は夫にあるため、この時点で妻有利の立場にあります。

ただし、浮気の根本的な原因が妻にある場合(例えば、家事や育児をおろそかにした、セックスレスだった、夫に冷たい態度をとった)は、イーブンの立場なので、復縁は互いの考え方次第で結果が大きく異なります。

「夫の浮気・不倫が原因の場合」の対処法

対処法としては、元夫の浮気や不倫を完全に許すのはもちろんですが、復縁後、1度や2度の浮気や不倫くらい大丈夫!というくらいの覚悟を持たなければ、復縁しても再び離婚します。

また、元夫の浮気や不倫の根本的な原因が、妻の言動にあった場合は直ちに改善し、復縁後の生活に活かすようにしてください。

料理の腕を上げる、セックスを拒まず夫にストレスを与えないよう今度こそ、完璧な妻になる必要があります。

例2・「妻の浮気・不倫が原因の場合」

この場合、かなり厳しい結果になることは明らかです。
男の感情は、女性のものよりも根深く、「過去の事件」として割り切ることができないため、例え元妻の事を心では「好きだ」と感じていても、元妻からの復縁に応じることはないでしょう。

たとえ復縁できたとしても、復縁後の生活はそうとう危うく、遅かれ早かれ二度目の離婚という道を選択する可能性が高くなります。

「妻の浮気・不倫が原因の場合」の対処法

あなたの不貞行為が原因の場合は、自ら復縁を申し出るのではなく、元夫が「復縁したい!」と思わなければいけません。

その為には、もう一度女として、妻として迎え入れてもらうために自分磨きに精を出してください。
ただし、このハードルは高く、並大抵の努力では復縁できません。

また、ただ単に興味を持ってもらうだけではダメ。
自分と復縁したら、あなたにとってたくさんのメリットがある、と思わせるくらいいろいろな意味で魅力的な女になれるよう努力しましょう。

例3・「性格の不一致が原因の場合」

離婚原因で最も多い「性格の不一致」ですが、いろいろなことが複雑に絡み合っての「性格の不一致」なので、正直復縁の可能性は、限りなくゼロに近いと考えられます。

しかも、男女の関係でもっと重要な「価値観」「考え方」「趣味」「嗜好」等すべてにズレが生じているので、そもそも二人の相性は、最初からかなり悪かった!と考えるのが、諦めるのにもっともな選択です。

しかし、それでも「やっぱり元夫のことが忘れられない」「復縁したい」と思うなら、次の方法で、対処してください。

「性格の不一致が原因の場合」の対処法

性格の不一致を克服し、復縁を可能にするためには、元夫の「嫌いなところや許せないところ」を好きになることです。

なぜなら、好きなものの共通点よりも、嫌いなことの共通点が多い男女のほうが、より長く良好な関係が継続できるからです。

例えば、休日は家でゴロゴロ過ごすなんて絶対に嫌、外でランチしたい!と思っている妻。
一方夫は、休日くらい家でのんびり過ごしたい、外出なんて絶対に嫌、と言う場合は、妻が夫の「休日ゴロゴロ」を好きにならなければいけません。

また、1回使ったバスタオルでも絶対に洗濯しなきゃ嫌なのに、何度も使いまわしをする元夫の行為も好きにならなければいけません。

生理的に「嫌だ」と感じることは、できる限り「好きに」なれたら、性格の不一致で離婚した夫婦も復縁できる可能性はあります。

でも、こんなにハードな努力をするほど、復縁する価値のある元夫なのか、よく考えてくださいね。

2・離婚後の元夫「状況」で復縁の可能性が異なる

次は、元夫の離婚後の「状況」によって、復縁の可能性を考えてみましょう。
もっとも気になるのは、女性関係ですよね。

例えば、再婚・付き合っている人がいるかどうかですが、この場合の復縁の可能性は半分半分です。
理由は、再婚しているからといって、再婚相手との関係が良好であるとは限らないからです。

同じく、交際している女性がいるといっても、真剣な交際かどうかは、判断できませんよね。
もしかすると、離婚後の寂しさを紛らわせるために、勢いで再婚したり、付き合ったりの可能性もあります。

また再婚相手との間に子供がいる場合も同様に、それだけで再婚相手との関係が良好と判断するのは、早いです。

「再婚・付き合っている人がいた場合」の対処法

元夫との関係がどの程度「真剣」なのかを調べてみましょう。
もちろん真剣な関係なら、復縁は限りなくゼロに近づきます。

当然ですが、子供の誕生も、心から喜んでいるまさに幸せ絶頂の最中にあるため、このタイミングでの復縁は不可能です。

ただし、その幸せな関係が長く続く保証はないので、今は静かにその様子を見守っていてください。
男女の関係とは、半年後、1年後、どんな形で崩れるか誰にも分かりません。

復縁のタイミングは、その関係が崩れたであろう瞬間が絶好のチャンスです。
それを見逃さないよう、今はじっと我慢するのみです。

3・離婚後の元夫との「関係」で復縁の可能性が異なる

最後は、元夫との離婚後の「関係」による復縁の可能性です。
復縁のきかっけをつかむためにも、すごく重要です。

1・「離婚後も定期的に連絡を取っている」

子供の面会やその他もろもろのことで、今も定期的に連絡を取り合っていると言う場合は、比較的復縁しやすい状況です。

定期的に連絡することによって、元夫の状況も把握しやすく、「よりを戻したい」と伝えるチャンスもいくらでもあります。

2・「元夫の家族と良好な関係が続いている」

元夫とは、頻繁に連絡を取り合わなくても、ご両親や兄弟と良好な関係が続いている場合も、復縁の可能性が高くなります。

もっとも協力してほしい方々が味方になっているのですから、それはすごく強みですよね。
また、自分の親や兄弟のことを大切にしてくれる女性に、気を悪くする男性はいないはず。

それどころか、離婚後も変わらず接してくれる元妻に再び好意を寄せることはおおいに期待できますよね。

3・「離婚後の元夫の生活が不安定」

自炊と仕事の両立ができず、まともな生活が送れない、失業でお金にゆとりがない、体調を崩しているなど、いろいろな理由で生活が不安定になっているときは、復縁の可能性はさらに高くなります。

不安定な状況にある元夫にとって、復縁は、不安定な生活から逃れるチャンスと考えるはずです。
ただ、この場合復縁後の生活は決して楽ではありませんよ。

それでも元夫とよりを戻したいか、よく考えてくださいね。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事