menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

元恋人と復縁するために必要なファーストコンタクトの方法

復縁する為に必要なファーストコンタクトの方法

元恋人と復縁したい場合、真っ先に行う行動としては、冷却期間を置くことといわれています。
互いの興奮している状態を抑え、冷静さを取り戻すためにもしばらく距離を置くことが復縁への第一歩なのです。

冷却期間中は、失恋という現実を受け入れ、さらに原因をつきとめ、それを改善する。自分磨きを怠らず、復縁に向けての準備を着実に行うようにしなければなりません。
ただ、せっかく準備したのに元恋人とどうやってコンタクトをとればいいのか、と迷うこともあるでしょう。

さらにファーストコンタクトで何を話したらいいのか、どうふるまえばいいのかと、混乱している女性も多いのではないでしょうか。
ここでは、元恋人と別れた後の冷却期間後、はじめてコンタクトを取るときの手段、そのときの会話など一番ベストな方法をまとめてみましたので参考にしてください。

ファーストコンタクトに有効な連絡手段・メールや電話

復縁に必要なのは、別れた後に元恋人と連絡が取れる環境である事が、最低限の条件です。
なぜなら、せっかく復縁にむけ準備をしたのに相手と連絡が取れない、無視されているという場合は、復縁にむけた次のステップに進めないからです。

手っ取り早い方法としては、メールで連絡をすること。
元恋人が別れた後、アドレスを変更していない場合はとりあえず軽いタッチで、メールを送ってみるといいでしょう。

重い文書をさけ、最近どう?などの短いメールを送って返事の有無、対応の状況などを確認しましょう。
ただ、メールへの返信が一向にない場合は、受信拒否されている可能性もありますので電話をしてみましょう。

この場合、勤務時間や深夜の時間をさけ、仕事終わりや休日などの時間帯を利用するようにしましょう。
これらの手段が一切使用できないからといって直接自宅や職場に会いに行くことは、絶対に避けなければなりません。

ファーストコンタクトに有効な連絡手段・偶然の出会い

連絡ができない、無視されているという状況から考えると、あなたと会いたくないというアピールである可能性があるからです。
ただ極めて薄い希望としては、過去の恋を無理やり忘れようとしているという可能性も否定できませんので、その場合は偶然を装って出会いの場を作るようにしましょう。

彼の行動をよく思い出し、いきそうな飲み屋やスポーツクラブ、ショップなどで偶然出会えるように努力しましょう。
あくまでも自然な状態での出会いを装う必要があります。

注意したいのは、いかにも後をつけていたという、ストーカーまがいの行動が発覚した場合は、復縁どころか二度とあってくれない危険性もありますので、注意をしましょう。

その場合、信頼できる友人などに相談し協力してもらうのも一つの方法です。

ファーストコンタクトに有効な連絡手段・手紙

電話やメール、偶然の出会い等のすべてが利用できない場合は、昔ながらの方法を活用しましょう。
彼の居場所が変わっていないことを確認した上で、手紙を書くといいでしょう。

重めの内容にせず、出来る限り自然に、今どうしているか?など質問形式にすると返信の確率がアップするでしょう。
ストレートに会いたいという内容を記載してもかまいませんが、別れの原因や状況等をよく考えた上で、内容を吟味しなければなりません。

ただしメールや電話、偶然の出会いや手紙、いずれの場合も返信がない、それでもコンタクトが取れないという状況だった場合は、元カレはあなたとの関係を復活させたいとは、少しも思っていないという現われなのかもしれません。

ファーストコンタクトの最大の目的は、元恋人と今どのくらいの距離があるのか、考えにどのくらいの違いがあるのかを知るためです。
どのような答えが出てもそれをしっかりと受け止められるだけの強い気持ちを持って望むようにしましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事