menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

ケースバイケースで考える!元カレとヨリを戻す方法

元カレとヨリを戻す方法はケースバイケース

カレに振られてしまった、自分から振ったなど、さまざまなケースで二人の関係を終わらせてしまったというカップルは多いと思いますが、中には理由はともあれ、別れたことをいつまでも後悔しているという女性も意外と多いようです。

最近では、特に女性側から復縁を希望するケースも増えているようです。
ただし、復縁したいという気持ちがあっても、どうやってアプローチしたらいいのかと悩むことも多々あるでしょう。

あまり距離を置きすぎても良くありませんし、別れて直ぐにヨリを戻したいなんて復縁を迫ったら余計に嫌われるかもしれません。
とりあえずそれぞれの状況を見ながら上手に関係を修復したいものです。

ここでは、別れた元カレの現状別に復縁アプローチの方法について考えてみたいと思います。

ケース1・元カレを振った後も会う機会が多い

職場恋愛、学校の同級生など、状況によっては別れた後も、頻繁に顔を合わす機会が多いはずです。
特に彼を一方的に振ってしまったのに、別れた後で後悔しているという女性の場合は、なんとなく顔をあせるのが気まずいということもあるでしょう。

そんなときにはまず、気まずい雰囲気を払拭しなければ、せっかく顔をあわせるチャンスがあっても次第に二人の間に大きな溝を作ってしまうことになります。
そこで、自分から振ったはずなのに、そんなことカレに感じさせないよう積極的に会話を交わすようにしましょう。

しつこく会話を迫るのではなく、目が合ったときなどは基本的な挨拶を交わしたり、何気なく声をかけるなどをこまめにしていると、男性は「あれ?」と、ちょっとした違和感を感じるようになるでしょう。

振られたのに、まだ声をかけてもらっているということは、まだ別れていないのかな?なんてね。
案外簡単に復縁できるかもしれません。

ケース2・元カレに振られた後も合う機会が多い

女性がもっとも気まずいのが、フラれた元カレと職場やアルバイト先が一緒、さらに学校の同級生だったりなど、頻繁に会う機会があるという状況。

別れた後もどうしてもカレのことが忘れらないという気持ちは強いのに、遠くから見ているだけしかできないなんて、そんな辛いことはないですよね。

フラれた方から復縁を迫る場合、成功の確率は非常に低いと考えられます。
そのため、ちょっとした振る舞いでその可能性をゼロにする危険性もあります。

しつこく会話をせまったり、図々しい態度をとる、暗い、失恋の名残が痛々しいなど、元カレにマイナスの印象を与えないようにしましょう。
とても難しいかもしれませんが、まずは友達になるという目標を立てることからはじめなければ、復縁はできないかもしれません。

ケース3・会う機会が少なく、すでに新しい彼女の存在を感じる

別れた後連絡を取る機械もなく、当然職場も学校も住んでいる場所もまったく違うという場合には、極めて復縁の可能性が低くなります。

さらに風のうわさで新しい彼女の存在が・・・。
そんなときでもあせったり、感情的になってはいけません。

どんな状況でも必ず、カレとの関係を修復したいと願うならば、長期戦を覚悟しましょう。
相談相手という位置からでもかまいません。

とにかく、できる限り会う機会を設けて、なんでも話せる相談相手としての、友達からの復活を目指すようにしてください。

ケース4・会う機会が少なく元カレがフリー

会う機会は少ないものの、カレがまだフリーと分かった場合には、まだ復縁の可能性はありますよね。
ただ、安心してはいけません。

ヨリを戻したいという焦りを彼に感じさせてしまっては、元も子もありません。
追われる恋に男性は、引いてしまう傾向にありますので、余裕をもってヨリを戻せるようにしましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事