menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

元夫とよりを戻す!「復縁」の可能性を高める5つの方法

復縁の可能性を高める5つの方法

復縁とは、多大なエネルギーを使って決断した「離婚」を覆す行動です。
その為、復縁の可能性はかなり低く、復縁できたとしても、再び離婚するカップルも少なくありません。

しかし正しい行動をとることで、復縁の可能性は高くなり、復縁後も夫婦円満な関係が築けます。
今回は、どうしても元夫とよりを戻したいと願う方の、復縁の可能性を少しでも高める方法を紹介します。

1・「復縁したい」を仕向ける

もしも復縁を熱望し、元夫に説得しようと思っているなら、今すぐやめてください。
離婚という大きな決断を下した男性は、「結婚」や「再婚」に対し、その扉は硬く閉ざされた状態です。

にもかかわらず、元嫁がしつこく復縁をお願いしたり、泣きついたりすると、さらにその扉は強固なります。
閉じられてしまった扉を外からドンドンと強く叩いても、ダメです。

では、どうしたらその扉が開くのか?
それは元夫自身が、内側から開かなければいけないのです。

つまり、元夫自ら「復縁したい」と思うことが一番良い方法です。
その為には、「復縁したい」と思われるよう色々な意味で「イイ女」になって下さい。

例えば、見た目を良くする、自立する、性格を変える、料理の腕を高めるなど、女としても妻としても最高の女だと、想像できるくらいの女性になるよう努力しましょう。

2・謝罪し感謝する

夫の浮気、妻の浮気、性格の不一致、ギャンブルや借金、リストラや失業など、離婚の原因は夫婦によってさまざまです。

ただ、その原因を夫に求めたり、責めたりするのはやめましょう。
離婚という結論に至った根本的な原因は、「すべて自分にあったのだ」と思う事が、復縁の可能性を高めるポイントです。

例えば、夫の不倫や浮気が原因で離婚した場合は、
「あの時あなたを浮気に走らせてしまってごめんね。私が妻として至らなかったから・・・」と謝罪を口にしてください。

夫は離婚の直接的な原因が自分にあると、ちゃんと分かっています。
しかし、それを頭ごなしに非難されると、それを素直に認めることができないどころか、妻に逆切れするという行動に出てしまいます。

一方、浮気についてまったく責められないどころか、「自分が悪かった」と反省する態度を見せられたら、あっけにとられ、意外とすんなりと二人の関係が良い方向へと進むことがあります。

そしてさらに次のようにたたみかけ、元夫の気持ちを「復縁したい」という方向へと誘導してください。
「私ね、あの時あなたが浮気したから、自分のダメな部分に気づけたの。本当に感謝しているわ、ありがとうね」

「ありがとう」この言葉は、人の心を和らげる不思議な力がありますよね。

3・感情的にならない

復縁を成功させるには、常に冷静に対応しなければいけません。
特に女性は、感情的になりやすく、せっかくのチャンスを棒に振るリスクがあります。

例えば、元夫とやっと二人きりで話ができるまでに関係を修復したのに、連絡がちょっと取れなくなっただけで「なんで連絡してくれないのよ」と不機嫌になるのはダメ。

また、元夫のちょっとした言葉に過剰に反応したり、とっさに気持ちを口にしたりなどの言動は禁物です。

女性が不機嫌になるのには、ちゃんと理由があるのですが、男性と女性の脳の構造がまったく異なるので、「なぜ、不機嫌になっているのか?」男性には、それを理解することができないのです。

その為、自分の理解不可能なところで不機嫌になる目の前の女性を次第に「うっとうしい女」と判断し、もちろん復縁の道は遠ざかります。

なので元夫と接触する際には、絶対に感情的になってはいけません。
とにかく、何かを口にするときには必ず一呼吸おいて、「この言葉を発したらどんな状況になるか」を考える癖をつけましょう。

さらに注意したいのが、生理前後です。
女性はこの時期は感情的になりやすく、元夫と些細なことで口論となることが予想できます。

元夫との口論は、復縁の確率を激減させる重大な事件となるので、絶対に避けたいところ。
そのためにも、生理前後の体調不良時には接触を避けるような工夫も必要です。

4・焦らない!

すぐにでも復縁したい!と思うかもしれませんが焦って行動しても復縁はできません。
それどころか、焦りが復縁のわずかな可能性さえも奪い、二度と復縁できない最悪の状況を招く危険性もあります。

復縁を成功へと導くにはとにかく時間をかけ、十分すぎるほどの準備を綿密に行ってください。

容姿の変化に、性格の改善、料理の腕をあげる、趣味を増やす、男性心理を理解する、離婚の原因を追求する、復縁後の生活を想像するなどなど、準備することは山ほどあります。

ただ、時間のかけ過ぎはダメ。
あなたがダラダラと時間をかけている間、元夫が別の女性と出会い、再婚する可能性もあるからです。

離婚から復縁のアプローチまでの理想的な時間は半年から1年程度です。
これを基準に、復縁までの準備を進めてください。

そして、「これで万全だ!」と思ったときが、復縁アプローチのスタートです。

5・アドレスや番号を変えない

復縁の可能性を少しでも高めたいなら、電話番号やアドレス、SNSなどの変更は禁物です。
なぜなら元夫から「復縁したい!」と連絡が入るかもしれないからです。

また、すべての連絡手段を一方的に遮断することで、元夫は「俺を拒絶している」と思い込んでしまうこともあります。

そうなると復縁の道は少しずつ閉ざされてしまいますよね。
わずかな可能性をもキャッチできるよう、できる限り多くの門を開いておくようにしましょう。

以上5つの方法で、復縁の確率を少しでも高められるようがんばってみてください。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事