menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

元夫とよりは戻る?離婚の原因と状況が左右する復縁の可能性

離婚の原因と状況が左右する復縁の可能性

復縁の可能性は、離婚の「原因」や離婚後の「状況」によって、大きく異なります。

離婚の原因やその後の関係性は人それぞれ

浮気や不倫などの不貞行為、DVなどの暴力、ギャンブルや浪費癖による借金、リストラや失業、性格の不一致に、セックスレス、嫁姑問題、親族間トラブルなど、夫婦の数だけ離婚の原因は色々とあります。

中には、夫のことが嫌いになって離婚したわけではないという方もいるでしょう。
さらには、離婚後も元夫と頻繁に連絡を取り合っている、元夫の親族や兄弟と仲良くさせてもらっている、という方も多いと思います。

一方で、元夫がすでに再婚している、恋人がいる、連絡がまったく取れないという離婚後の状況を抱えている方も少なくありません。

離婚の原因や離婚後の状況は、それぞれの夫婦が自然といきついた先なので、誰にも咎めようがありません。

ただ、復縁となると話はべつです。

離婚の原因や離婚後の状況が、復縁に大きな障害となることもあるので、まずはあなたの復縁が可能性として低いのか、高いのかを判断してください。

その結果次第で、復縁前にやっておくべき準備がはっきりと見えてくるでしょう。
では、以下に復縁を希望する方に判断してほしい復縁の可能性についてまとめて見ました。

復縁の可能性が高い離婚の原因と状況

復縁の可能性が高い離婚の原因や離婚後の状況を紹介します。

1、復縁の可能性が高い離婚の原因

「勢いで離婚した」
若いカップルに多く見られるのが、喧嘩の延長線上にある「離婚」です。
人間力がまだまだ未熟なため、その当時冷静に判断できなかったことで、勢いで離婚したのが大きな理由です。

しかし、その場合復縁の可能性はかなり高く、気持ちの整理をつけた話し合い次第で、意外と簡単に復縁できます。

ただし、二度と「勢いで離婚」などと面倒なことをしないよう、何事にも冷静に行動できる人になりましょう。

「すれ違いで離婚した」
共働きの場合、一緒に居る時間が少ないため、離婚することもあります。

時間のすれ違いがあまりにも多く、「夫婦として成り立っているのか」「夫婦である意味があるのか」というのが離婚の大きな要因です。

ただ、相手のことが嫌いになったわけではないので、離婚後の関係性によっては、復縁の可能性は極めて高いと判断できます。

2、復縁の可能性が高い離婚後の状況

「離婚後も連絡を取り合っている」
いつでも連絡が取れる状況、関係性が持続している場合は、復縁の可能性があります。
別れた後も定期的に会ったり、電話でやり取りしたりするような二人は、心から相手のことが嫌いになったわけではないからです。

また、復縁の話もしやすく、その糸口も多いことも復縁の可能性が高い理由です

「離婚時にもめなかった」
財産分与や慰謝料、養育費等のトラブルもなく離婚問題が解決した場合は、復縁の可能性は高いでしょう。

離婚とは、たいていが怒り、憎しみ、恨み辛みの感情が飛び交う状況です。
特に、金銭的なトラブルは尾を引くため、なかなか二人の関係が良好になることはありません。

しかし、離婚の際に何のトラブルも無く、離婚後も一切問題が無い場合は、少なくとも元夫に被害者意識が少なく、さらにあなたに対する恨み辛みも抱いていない、と判断できます。

むしろ、あなたを幸せにできなかったことを後悔しているかもしれませんよね。

「離婚後の生活が乱れている」
別れた夫は家事や洗濯がまったくできず、離婚後荒れた生活を送っているという場合は、復縁の可能性が高くなります。

結婚している間は、何も言わなくても当たり前のように出される三食の飯、きれいに洗濯されているYシャツやズボン、お風呂上りに準備されている着替え、いつでも眠れるように敷かれているお布団、滞りなく過ごせる毎日は、妻あっての安泰です。

しかし、これはあまりにも当たり前のこと過ぎて、なかなかそのありがたさに気がつけない事なのですよね。

その為、ほとんどの男性が離婚して独りになってはじめて実感します。
「妻との生活があんなにも楽だったなんて・・・」と。

そんな元夫に優しく手を差し伸べることができたら、再びあなたのことをほしくなるかもしれませんよね。

「別れた夫のご両親や兄弟と仲良くしている」
離婚後も、元夫のご家族と交際が続いている、という方もいるでしょう。
その場合も復縁の可能性がすごく高いと判断できます。

なぜなら、元夫が自分の親にあなたの悪口を言っていない、二人の離婚をみんなが納得してない、できれば復縁してほしいと願っているからこそ、元夫のご家族があなたに好意的なんですよ。

逆に、別れた夫のご両親との連絡がまったく取れない、孫に会うのを拒否する、町ですれ違っても無視される、という状況は最悪ですよね。

きっと離婚後のあなたの悪口が、元夫のご家族内で出回っているのかもしれませんね。
離婚は二人の問題ですが、実はその周りに多くの人が巻き込まれ、あなたの強力な味方となって復縁を後押ししてくれるかもしれませんよ。

復縁の可能性が低い離婚の原因と状況

次に復縁の可能性が低い離婚の原因や離婚後の状況を紹介します。

1、復縁の可能性が低い離婚の原因

「あなたの浮気が原因」
女性の浮気が原因で離婚したのに、その女性から復縁を申し出る場合は、可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

違う男の体におぼれた妻を受け入れるだけの大きな心を持つ男性は、そう多くはありません。

男の浮気は仕方ない、だけと女の浮気はいかなる理由があったにせよ、許せないというのが、一般的な見方で、風当たりもかなり厳しくなります。

万が一、復縁しても二人の間にできた目に見えないわだかまりが、再び離婚へと導くはずです。

「夫の暴力が原因」
DVが原因で離婚した場合からの復縁も可能性は限りなく低くなります。
なぜなら、DVはそう簡単に治らないからです。

暴力をふるっている男性が、自らのDVを認め、正しい場所で、正しく治療を受けなければ、再び地獄のような日々が訪れます。

この場合、復縁自体はすごく簡単ですが、やるべきではないと、判断するのが妥当です。
それでも、復縁を希望するなら、第三者を間にいれ、夫のDVが完全に治ったのかを見極めてもらいましょう。

2、復縁の可能性が低い離婚後の状況

「連絡がまったく取れない・拒否されている」
離婚後、元夫が電話番号やメールを変え、連絡が一切取れない状況は、復縁できません。
また、SNSがすべて消去されている場合も高い確率で復縁はできません。

これは、元夫の「おれに近づくな」「二度と会いたくない」という意思の表れです。
それを無視して、強引に復縁を迫ると、余計に元夫はあなたから遠ざかるでしょう。

「離婚後の毎日を楽しんでいる」
別れた夫が離婚後、毎日を楽しく過ごしている、という場合は復縁は厳しいでしょう。

結婚生活とは、男性にとってはすごく窮屈な毎日です。
第一に家族を優先し、稼いだお金も自分の時間も全部自由に使えないのですから、それはそれは窮屈で仕方ありませんよね。

一方離婚して独りになると、時間もお金も自由になります。
外出したいときに外出し、食事を食べたいときに食べる、見たいテレビも見放題で、時間を気にせず朝まで遊べる・・・。

もう二度と戻らないと思っていた「独身生活」が再び手に入った喜びに浸っている元夫に、再び窮屈な毎日に戻ろう、とお願いしてももちろんお断りされますね。

復縁の可能性はゼロに等しいと判断できます。

「元夫にすでに新しい恋人・嫁がいる」
まったく可能性がないわけではありませんが、復縁は厳しい状況であることは間違いありません。

ただ、嫁よりも恋人の場合は、あなたの努力次第で、復縁の可能性を高めることはできます。
また、嫁に子供がいない場合は、わずかに復縁の可能性が残されていると判断できるので、元夫の再婚が再び壊れるのを待つしかありませんね。

以上が、復縁の可能性が高い場合と低い場合の状況です。
これ以外にも多くのことが考えられます。

自分に当てはまる原因、状況をしっかりと見極めて、復縁の対処に活用してください。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事