menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

離婚後の復縁が難しい状況は離婚した時の事情で変わる

復縁が難しい状況は離婚した時の事情で変わる

離婚は、結婚するときよりも多くの肉体的、精神的ダメージを受けます。
そのダメージは、離婚で解消されることはなく、離婚後もずっと続くこともあるため、その後の人生にも大きな影響を与えてしまいます。

そんな辛い離婚を経験したにもかかわらず、再び同じ相手との再婚を希望する男女もめずらしくありません。

有名芸能人などが、元嫁と復縁再婚したという話を聞きます。
しかし、元嫁と復縁したいからといって、だれでも復縁できるとは限りません。

それどころか、離婚した同じ相手と復縁し、再婚したカップルはほんのわずか。一握りの確率でしか成功しないのです。

それほど厳しい復縁の中でも、さらに復縁が難しいと思われる状況を紹介します。
もしも復縁を希望している方の中に、以下で紹介する状況にあてはまる場合は、いくら努力しても幸せな復縁は手に入りません。

早めにその事に気づき、別の道を歩むか、今は復縁に焦らず、もう一度自分を見つめ直すかの選択をしてください。

復縁が難しいのは?

復縁が難しいのは、離婚することによって多くのメリットを得た人です。

離婚とは、夫婦の間に何かしらのトラブル、障害が発生したからこその選択で、その障害が取り除かれた後の生活は楽しい、気持ちいい、幸せだ、と感じるのが一般的です。

しかし、離婚経験者の全員がそう感じるとは限らないのです。
復縁できる可能性が残された方の中には、離婚で得たメリットが少なく、むしろデメリットが多いと感じる人もいるのです。

このメリット、デメリット次第で、離婚後の復縁の可能性が大きく異なります。

元嫁との復縁を今後真剣に考えるのであれば、離婚の原因を徹底的に考え、復縁した場合には、その問題が解決され離婚後に得たメリット以上のメリットが復縁にはあると、証明しなければなりません。

それができなければ、復縁は限りなくゼロに近づきます。
では次に、復縁が難しいパターンを紹介します。

ただし、絶対に無理とは言いません。
あくまでも他の状況よりもかなり難しいだけで、針の穴ほど可能性は残されているかも知れないので、復縁できそうな糸口を見つけてください。

復縁が難しいパターン

元嫁に新しいパートナーがいる

離婚後の元嫁にすでに新しい恋人、結婚相手が存在する場合は、復縁の可能性はほとんどありません。
元夫に対する関心はかなり薄れ、場合によっては、消し去りたい記憶として捕らえている可能性もあります。

そんな状況で、復縁を希望するのは、得策ではありません。
ましては、元嫁の前に姿を見せ、今でも復縁したいと思っていると気持ちを素直に伝えたところで、元嫁の嫌悪感や不信感を増幅させるのがオチです。

しつこく復縁を迫れば迫るほど、この後の復縁の可能性は完全に失われてしまうので、この場合は針の穴ほどの可能性を残しつつ、ひとまず身をひきましょう。

何もせず、じっと復縁のタイミングを待つのです。
タイミングとは、元嫁のパートナーとの関係がこじれる瞬間です。

その時期が来るまで、他にやるべきことをやって、復縁の準備をしておくといいでしょう。

再婚して子供が生まれている

さらに厳しい状況が、再婚相手との間に生まれたばかりの子供がいることです。
それは、女性にとってまさに幸せの絶頂期なので、あなたがいくら努力して、アプローチしても復縁の可能性はありません。

今何をしても裏目に出るだけなので、復縁を諦めるか、元嫁が再び離婚するかを願いつつ、じっとチャンスが来るのを待ちましょう。

ただし子供のことを思えば、元嫁が離婚するとは考えにくいので、この場合は、復縁をきっぱりと諦め、あなたも新しいパートナーを見つけるのが懸命かも知れません。

離婚後の生活にゆとりがある

一般的に離婚後の女性の生活は困窮し、元夫からの援助が無ければ、まともな生活を確保するのが難しい状況です。

その為、元嫁からの復縁を希望する場合は、たいていが元夫の経済力に魅了されるからです。
しかし、元嫁の離婚後の生活にかなりのゆとりがある場合は、復縁の可能性はなくなります。

膨大なエネルギーを使って、やっとトラブルから解放され、自由の身になるのが離婚です。
そこに経済的ゆとりが加われば、わざわざ問題のある相手と復縁したいなど思いませんよね。

元嫁の実家からの援助がある、元嫁が働いて自立している、などの場合は、経済的に困窮による心配はないので、復縁はありません。

徹底的に話し合って離婚した

勢いや未練を残したままの離婚ではなく時間をかけ、納得した上で、離婚という結論に至った場合、復縁はありません。

復縁したいと願うのは、離婚に後悔が残されているからです。
しかし、自分の気持ちにちゃんと整理をつけ、その上で決断したのであれば、その意思は硬く、何があっても変えることないでしょう。

その為、復縁の可能性は低いと考えられます。

暴力で離婚した

あなたの暴力が原因で離婚した場合も復縁はありません。
なぜなら、暴力という行為は、絶対に忘れることのできない痛みだからです。

その痛みは、体だけに感じるものではありません。
一番愛している人からの暴力は、心をも破壊します。

さらに、大切な娘を傷つけられたご両親や親族が二人の復縁を許すとは思えません。
あなたの暴力が治ったとしても、復縁は限りなくゼロに等しいでしょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

99%の人が知らない!復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事