menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

復縁の前に学ぶ、心理学を応用した4つのテクニック

心理学を応用したテクニック

インターネットで「復縁」「よりを戻したい」「元の関係を取り戻したい」というキーワードで情報を検索すると、さまざまな復縁に関する情報がヒットします。

パワーストーンを活用したおまじないから占い、実際に復縁を成功させた方の体験談や復縁を本業としている方のアドバイスなどなど、そのテクニックは様々です。

ここでは、これらの情報からもっともクオリティの高い方法で、復縁を迫るテクニックをまとめてみましたので、参考にしてください。

ただし、別れの原因やその後の状況、個々の性格や二人が過ごしたきた過去の状況などにおいて、必ずしも成功するとは限りません。

復縁テクニック1・ダブル・バインド

精神的な治療などに使用されることもあるダブルバインドは、恋愛関係において、決してよい状態であるとは考えにくい。それなのになぜこの方法が復縁テクニックに活かせるのだろうか?

通常ダブルバインド的な状況というのは、「こっちにおいでと呼びかけておいて、実際に近寄ってきたものを遠ざける」、「遠ざかるとなぜこないと怒鳴る」といった矛盾した状態のことを示します。

恋愛とは、常にダブルバインド的な状況であり、疑心暗鬼となることから喧嘩が発展します。

しかし、だからこそ恋愛は、常にドキドキした刺激を受けることができるとも言われていますが、これを復縁テクニックに使用する場合は、

相手のことをとても好きという態度を見せつつ、一方でまったくその気のないようなそぶりも取るといった状況を作ってしまうのです。

グッと近づけておいて、ドーンと突き放すを繰り返し行うことで、再び相手の気持ちを引き寄せることができるというテクニックです。

復縁テクニック2・ドア・イン・ザ・フェイス

優秀な営業マンやモテるホステスが利用する最大のテクニックでもある「ドアインザフェイス」。

最初に相手ができないようなお願いを要求し、一旦断らせておいて、その後に前と比較して達成できそうな要求をする。そうすることで、後でお願いした状況を引き受けさせるというテクニックです。

ホステスの場合、「シャネルの新作100万なんだけど買って?」っと要求しておいて、それが断られたら「じゃ20万の腕時計でいいわ」なんてテクニック。

これを復縁に利用する場合は、相手に会うチャンスを作るときに使用してみるのがいいかもしれません。

復縁テクニック3・イエス

これは相手に対し、できるだけ否定的な言葉を言わせないというテクニック。

ちょっと難しいですが、意識して会話を進めていくと相手に肯定的な返事だけを誘うことができるでしょう。

復縁の場合、まだまだ復活できる関係に戻れていないと不安を感じている場合には、極力相手に否定的な言葉を使わせないようにするといいでしょう。

肯定的な言葉を使用し続けていると、無意識の間に二人の間に生じていた不安や疑問などの負の状況を払拭し、信頼関係の回復スピードが早まると言われています。

復縁テクニック4・単純接触効果

ザイオンスの法則とも言われる単純接触効果とは、繰り返し同じ接触を繰り返すことで、好感度や印象が高まるといわれるもの。

復縁の場合、相手とできる限り長く過ごしたいと考えて、1回の時間を長く取りがちですが、そうではありません。

短い時間でも何度も繰り返し、接触することのほうが復縁の可能性が高まり、こじれていた愛情を復活させられるという法則なんです。

朝からずっと相手といることに執着するのではなく、ちょっとした時間でも回数を何度も何度も重ねるということが重要。

どうですか?

人間の心理を利用する方法で、復縁にむけて行動すると意外とスムーズに復縁を可能にできるかもしれません。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事