menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

二人で話したくないなら第三者の協力によって復縁できる?

第三者の協力によって復縁できる

第三者の協力を得るときのメリット

別れた元恋人との復縁を希望しているのに、二人で話をしたくない場合、第三者の協力を得ることもあるでしょう。
些細なことでもぶつかってしまう二人が冷静に話し合いができないならば、二人の間に共通の友人を挟むのも悪いことではありません。

その他、別れた元恋人のことが忘れることができない、それなのに、連絡を取ることもできないといった状況の場合も、共通の知人に協力してもらい、二人である接点を作るという方法もあります。

このようにどうしても二人で話をしたくない、二人っきりで会って復縁にむけての話し合いをする自信が無いという場合は、第三者の協力というのは必要不可欠です。

しかし、だからといって必ずしも復縁が成功するとは限らないということも覚えておきましょう。
ここでは、二人のキューピットとなるはずの第三者の存在で復縁を失敗させてしまったという例を紹介しますので、参考にして下さい。

実は多い?第三者に協力してもらう失敗例

冷静に話し合いができないから、別れた元恋人と二人で話したくないという気持ちから、共通の友人に色々と相談を持ちかけ、どうにか復縁に繋がるような作戦を企てることがあります。

例えば、偶然を装って、別れた元恋人と友人の3人で飲んだり、ショッピングをしたりと、とにかく一緒の時間を作ったりすることもあるでしょう。

この場合、友人とあなたが明らかに、元恋人をはめた行動であるとばれてしまったら、その時点で復縁の道は閉ざされたと判断しなければなりません。

元恋人は、こんな姑息な手を使って自分を騙したということに気づいたとたん、あなただけでなく、大切な友人さえも失ってしまう最悪な事態に陥ることもあるのです。

その他にも第三者を使って復縁に失敗する例として多いのが、元恋人の目の前で別の異性といちゃついたり、親密な関係を装って嫉妬心をあおろうとするケースです。

この手段を活用する女性は、元恋人と二人で話したくはないものの、自分の存在をアピールしたい、自分のことを気にして欲しいという強い願望があるがゆえに、第三者を間違った使い方をしてしまった例です。

元恋人が、知らない誰かと彼女がいちゃついている様子を見せ付けられた場合、嫉妬するどころか、諦め、さらには呆れるかのどちらかでしょう。

しかも、その第三者があなたの手によって使われている人間であることがばれてしまったら、復縁どころかあなたに対する疑いの気持ちはさらに増殖し、再び二人の関係が元通りになることは絶対にありえません。

復縁の専門家に依頼するメリット

元恋人と二人っきりで話をする勇気はないものの、きっぱりと忘れることもできない、どうにかして復縁をしたいと焦るあまりに、間違った行動をとってしまうのが、以上にあげたような失敗例なのです。

にっちもさっちも行かない状況で考えた苦肉の策なのかもしれませんが、素人が考えそうな失敗ですよね。
もしも、別れた恋人と二人で離したくない、冷静な話し合いができそうもないという場合は、復縁に関する素人である友人や知人に依頼するのではなく、確実に復縁を成功に導いてくれるプロに依頼することのほうが、よっぽど確実なのかも知れません。

あなたのその一つ一つの行動によっては、復縁の可能性がゼロ、いやマイナスに近づいてしまうこともありますので、次に起こす行動には十分に注意をしなければなりません。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事