一度は別れてしまったけど…もう一度復縁するために必要な事

もう一度やり直す

・別れてから食事が不味く感じるくらい「後悔している!」
・今なら自分の悪いところが分かるし、「直せる自信がある!」
・何を言われても受け入れるし「我慢することもできる!」

そんな一度は別れてしまったけど、「もう一回やり直したい!」という想いがある方のための情報サイトです。

だけど、
「復縁のやり方が分からない!」
「どのタイミングで連絡をするの?」
「よけいに嫌われる行動をしているのかな?」

等の悩みを持っているのであれば、このサイトは役に立つことが出来ます。

復縁の可能性は、ゼロではありません!

なぜなら、あなたはすでに行動を起こし、このサイトにたどり着いているから!

何も行動をしなければ復縁の確率は0パーセントですが、「復縁したい!」と思い行動を起こしているのであればゼロではありません。

あとは、正しい「復縁の仕方」を学び、行動に移すだけです。

間違っても、自分だけの想いで突っ走ってはいけません。また、自分が良かれと思って行動している事でも、相手にとっては迷惑にることもあります。
最悪の場合、さらに嫌われて取り返しがつかない状況になることもあります。

ですので、正しい復縁の仕方を学ぶということが必要なのです!
「本気で復縁したい」と思っているのであれば次をチェックしてください。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!

のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。

気持ちを文字にする復縁メール
メールで復縁相談!気持ちを文字にする事がポイント!復縁相談を誰にしていますか? 家族?友人?親友?と答える方もいるかもしれませんが、その人たちでは正しい答えが出ない事があります。 ...

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際、何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
  • 復縁でやってはいけない事ってある?
  • 連絡しても良いのか悩む!

など、復縁に関して疑問があり、具体的な方法を知りたい方はこちらを確認してください。

正しい復縁の仕方
99%の人が知らない!正しい考え方で復縁する方法別れる前は気が付かなかったけど、別れてから彼(彼女)の大切さに気が付く事が多い。 別れた後に、 「ご飯って一人で食べると寂し...

復縁したい人が準備すべき最低限の事!復縁の仕方

復縁したい人が準備すべき最低限の事
一般的な恋愛よりも成功率が低く、半数以上が失敗するという結果を記録する「復縁」。

  • 結局何も変わらない
  • 結果、すぐに二度目の別れを経験
  • 同じことでケンカ別れ
  • なんとなくぎこちない

など、復縁できても、結果的に状況が悪かった、というケースも少なくありません。
その原因は、準備が不十分だからです。

可能性は極めて低い復縁ですが、残り半分の方は、見事に復縁を成功させています。
そして、成功した方に共通するのが、「復縁の準備」です

ここでは、一つ欠けても失敗すると言われる、復縁の最低限の準備を紹介します。
復縁のアクションを起こす前に、復縁できる自分作りに専念しましょう。

「復縁したい!」と思われる自分になる

復縁成功のカギは、相手に「復縁してくれ!」と懇願される自分になることです。
ただし、「復縁してくれ!」と思われるには、ただ単に綺麗、かっこいい、ではダメ。

相手は、すでにあなたの全部を知っているわけですから、ただ見た目を改善するだけでは、意味ありません。
では、「復縁したい!」と思われる自分作りに必要な事とは?

それは、以前の自分を180度変えること。
スタイル、ヘア、メイクはもちろんのこと、脳の中まで丸ごとチェンジできれば、尚Good!!

まるで初めて出会った人と思うほど変わることができれば、そのギャップに思わず「復縁してくれ!」「もう一度チャンスを!」と、懇願されるかもよ。

感情のコントロールを完璧に行う!

復縁できるか、それとも完璧に失敗するかどうか、それは、感情のコントロールにかかっているといっても過言ではありません。
特に、女性は、感情で失敗する事も多々あるでしょう。

中でも復縁は、少しでも感情の操作をあやまると、取り返しのつかない事態を早急に招くことがあるので要注意です。
復縁には「冷却期間」という時期が別れから2ヶ月ほど、推奨されています。

この時期は、復縁したい相手に、一切の連絡をとってはいけない、という成功の法則がありますが、それを無視しやすいのも女性に多い傾向があります。
例えば、仕事や人間関係でちょっと辛いことがあると、すぐに元彼にメールをしたり、夜一人で音楽を聴いていると寂しくなって連絡しちゃたり、とか・・・心当たりはありませんか?

その他にも、車が故障した、重い荷物が動かせない、酔っ払った勢いで・・・など、無意識に元彼を求めてしまうことがあるでしょう。
その時にグッと、我慢できるか、それとも安易に連絡するか、はものすごく大きな違いです。

冷却期間でさえ、感情のコントロールが出来ないようなら、復縁は絶対に失敗します。
復縁を成功させるためにも、感情のコントロールを上手に行えるように努力してください。

おススメの方法をいくつか紹介しましょう。

1・30秒カウントしてからメールをする

日ごろから、メールやライン、電話を自分から発する場合は、30秒カウントを実行してから行動するような癖をつけましょう。
30秒の間に、「本当にメールをしていいのか」「このタイミングでいいのだろうか」「もっと別の方法があるのでは?」と、自分に問いかけることができます。

2・腹式呼吸を意識する

興奮を司る「交感神経」、リラックスを司る「副交感神経」は、腹式呼吸によってスイッチのオンオフが可能です。
感情のコントロールがきかず、突っ走った行動が目立つ方は、呼吸が荒く、短く浅い、のが特徴です。

それでは、交換神経が常に優位に働き、感情のコントロールは不能になるので、できれば、腹式呼吸を無意識にできるよう心がけましょう。
腹式呼吸とは、鼻から5秒息を吸いながらお腹を膨らませます。

今度は、口をすぼめ、お腹をへこませながら、10秒かけてゆっくり息を吐き出します。
この方法を無意識に出来るようにしてください。

3・脳をだます

嘘でもいいので、ポジティブな発言を癖にしてください。
すると、脳が「自分は今ハッピーなんだ」と勘違いするので何事にも前向きな姿勢で取り組むことが出来ます。

気持ちが前向きになると心にゆとりが生まれるので、常に冷静に行動できますよ。

絶対に復縁を焦らないこと!が復縁の方法

復縁は、あせってできるものではありません。
むしろ、焦ることで、失敗の可能性を高めるだけです。

成功してラッキー、失敗して当然、という気持ちで、ゆったり準備を進めましょう。
目安となる期間は、別れてから半年・・・

中には、1年、2年経って、復縁できた、というカップルも多いので、絶対に焦ってはダメ。
「今だ!」と思う最高のタイミングが到来するまで、じっと腰をすえて準備に取り組んでください。

別れた元カレ・元カノと高確率で復縁できる方法

高確率で復縁できる方法厳選4つ
復縁はすごく難しく、トライした方の半数以上は、残念な結果に。

ただ、あなたの復縁に対する真剣な思いを相手の心に届けることができたら、少ない可能性を手繰り寄せる事も不可能ではありません。
復縁の不可能を可能にするには、何を具体的に行えばいいのでしょうか

次に、別れた元彼、元カノとの復縁の確率を少しでもアップできる4の方法をご紹介します。

  • 本当に復縁したい?気持ちを整理しよう!
  • 同じ失敗を繰り返さないためには?
  • 最悪の結果もありうると「諦める」
  • 自分に正直になる
  • 余裕を持つ
  • ストレートに気持ちを伝える

1・本当に復縁したい?気持ちを整理しよう!

復縁は、良いことばかりではありません。
よく知っている相手だからこそ、復縁することで余計に相手の欠点が目に付く、というケースもあります。

また、一度辛い経験をしているからこそ、常に「別れ」という恐怖と隣りあわせで過ごさなければいけない事も。
復縁のメリット、デメリットの両方をちゃんと理解し、それでも復縁したいのか、自分自身の気持ちに整理をつけましょう

良いことばかりでは、復縁できてもすぐに同じ別れを経験する結果になりますよ。

2・同じ失敗を繰り返さないためには?

失敗を繰り返さないためには、別れの原因を徹底的に分析して、完璧に改善しなければいけません。
そして、その失敗の責任を相手に求めては、良い復縁は実現できません。

「なぜ二人の関係がギクシャクしたのか」
「別れる結果になったのか」
「自分のどこが悪かったのか」

冷静に原因を分析してください。
そして原因が明確になったら、二度と同じ失敗を繰り返さないためには今後、どうすべきかを具体的に考えましょう。

3・最悪の結果もありうると「諦める」

復縁したいと決意したら、相手に対する執着心も捨てましょう
え?と思うかもしれませんが、相手に多少の「諦め」がもてなければ、復縁は不可能です。

諦めとは

  • 相手の嫌な部分を見逃す
  • 浮気も1回や2回は目をつぶる
  • 復縁しても結婚できるとは限らない
  • また別れるかもしれない

これは、すごく残酷で、「なら復縁しないほうがいいじゃん」と、思う方もいるかもしれません。
しかし、「諦める」ことで、心にゆとりが生まれるので、すごく良い関係を保ちやすくなります

男性は、女性にぐいぐい来られるよりも、「ま、いいか!」と、半分諦められた方が、楽に過ごせるものですよ。
またゆる~く対応してくれる女性との関係は心地よいので、浮気予防にも実は効果的です。

4・自分に正直になる

嘘偽りの言葉、態度では復縁は成功しません
復縁したいがために、自分を作る、嘘をでっちあげる、自分を隠す、という行為はもってのほか。

全部を知り尽くした相手だからこそ、裏切り行為はタブー中のタブー。
復縁したい気持ちを素直にぶつける、改善できなかった自分の悪い部分を素直に認めて謝罪するなど、誠実な態度が復縁成功のカギとなります。

復縁は簡単ではありません。
でも難しいからこそ、やる価値はあります。

一度は気持ちが離れた元カレ(元カノ)と復縁する5つのステップ

一度離れた元カレ(元カノ)と復縁する為のステップ
すでに自分への気持ちが冷めている彼・彼女、どうしたら復縁できるのだろうか?

と悩んでいる方は、次の5つ方法を参考にしてください。

  • 愛情が冷めた原因を考える
  • しばらくは会わない
  • 復縁のタイミングを待つ
  • 連絡の取り方はメール・LINEで!
  • 会った時の準備

の順番で紹介します。

ステップ1・愛情が冷めた原因を考える

交際期間が長くなるにつれ、愛情が薄れるのはどのカップルでも同じです。
それでも長く続くのは、互いに努力しているからです。

相手を思いやる努力

相手を思いやる努力とは、相手の立場になって物事を考えることができるか、どうかです。
例えば、仕事で疲れている元カレ・元カノに対し、自分の不満ばかりを口にしていませんか?

その他にも、自分がやりたいこと、食べたこと、見たいことばかりを優先していませんか?
それでは、相手は日々ストレスを募らせ、愛情は薄れるのは時間の問題です。

自分のことよりも相手のことを真っ先に思いやる努力をしなければ、だめです。

自分磨きを怠らない努力

元カレ・元カノの前で、だらしない生活をしていませんでしたか?
ボサボサのヘアや、おしゃれに疎くなり、体型もだらしなくなった、という状況で、「愛情が感じられない」というのは、すごく自分勝手ですよね。

元カレ・元カノをいつまでも惹きつけておきたいなら、そんな自分を維持する努力は必要不可欠です。

相手を束縛しない

元カレ・元カノは、あなたの所有物ではありません。
なのに、交際した途端、元カレ・元カノの自由を奪っていませんか?

趣味や友達との時間、エッチビデオを見るプライベートタイムや、女子会など、何からなにまで口出ししては、いけません。
相手の自由を、趣味を、時間を大切にする努力ができないなら、復縁もそして結婚も難しいでしょう

ステップ2・しばらくは会わない

「冷却期間」「沈黙の期間」など、復縁には必ず必要な時間です
この時期は、元カレ・元カノに連絡を取らない、会わない、ことを徹底しましょう。

そして、ただ会わないのではなく、愛情が冷めた原因を改善するためにどうしたらいいのか、それをクリアする時間に当ててください。
もしも、この時期に元カレ・元カノに、「会って話がしたい」「お願いもう一度自分の話を聞いて」と執拗に迫るようなことがあれば、復縁の可能性を完全に失うことになるので要注意です。

目安は、2ヶ月から3ヶ月、場合によっては、半年から1年の期間を要します。

ステップ3・復縁のタイミング待つ

復縁のタイミングは、別れた状況や原因、交際期間やその内容、によって異なるので、一概に言えませんが、復縁成功者にはある共通点があります。
それは、「相手が復縁したいと思ったとき」それが復縁のベストタイミングです

でも、「相手が復縁したい」と思わなかったら?
復縁したいと思うのをどこで判断するの?

と悩みますよね。
それを見抜くポイントを紹介しましょう。

まず、相手が復縁したいと思ったとき、それは、頻繁にメールが届く、偶然の再会が頻繁に発生するなどです。
次は、相手が復縁したいと思わなかったら。

この場合は、相手に「復縁したい」と思わせるテクニックを使いましょう。
例えば、自信をつけたあなたが偶然を装って元カレ・元カノをばったり会う、まちがったメールを送って、自分のことを思いだしてもらう、などがあります。

後者の場合、すぐに復縁ということよりも、まずは友達からというスタンスで接近したほうが復縁の成功率が上がります。
いずれにせよ、焦らず、相手が「復縁したい」と思う状況ができるタイミングを待ちましょう。

ステップ4・連絡の取り方はメール・LINEで!

連絡の取り方でもっともおススメなのは、メール・LINEです
あなたなら、別れた相手から突然電話が入っても、電話に出ないですよね?

ほとんどの方が、着信をスルーするはずですよ。
なぜなら、何を話せばいいかわからないからです。

一方メール・LINEなら?
内容を確認して、じっくり考えて、自分のペースで返信も、無視もできるので、相手にとっては、すごく楽に対応できる方法です。

ただし、自分発信のメール・LINEは1回のみ。
その後は、相手の出方を焦らずに待ちましょう。

もしも返信があれば、復縁の可能性が高いので、慎重にメールのやり取りを進めてください。
そして、どれだけ待ってもメールの返信がない場合は、それが相手の答えです。

復縁はきっぱり諦めて、新しい恋へ進みましょう。

ステップ5・会った時の準備

メール・LINEのやり取りを経て、直接会うまでに発展しても、焦りは禁物です。
会う=復縁ではありません。

その焦りはこれまでの努力をすべてムダにすることもあるので、注意してください。
まずは、「友達」として会うように、気持ちの整理をつけましょう。

相手の恋愛相談にも対応できるくらいの素敵な友達として会うことが復縁への第一歩です
そして初回は、2時間ほどの短い時間で切り上げてください。

たわいのない楽しい話をして終わりましょう。
また自分のこと3、相手のこと7の割合でトークを弾ませてください。

そして次に繋がるためにも、とにかく楽しい時間を過ごすよう努力してくださいね。
復縁は、友達として会う回数が増えれば、自然とその時期が訪れます。

上記5のステップで、別れから会うという状況まで進めるようにしてみましょう。
復縁は、一筋縄ではいきません。

時間をかけてじっくりと相手の気持ちを取り戻すよう努力する必要があるのです。

復縁のきっかけ作りに効果的?!驚きのテクニック

復活愛に効果的な驚きのテクニック
ここでは、元彼・元カノと復縁するのきっかけ作りについてご紹介します。

別れから復縁という成功を導いた方が、どのようなきっかけで復縁したのか、その行動を参考にしてください。

きっかけ1・間違いメールを送る

別れから冷却期間を経て、3週間もしくは3ヶ月程度の後、何気に連絡をとりましょう。

ただ、堂々と連絡を取ることが難しい、恥ずかしい、気まずいというちっぽけなプライドが邪魔している方は、「あっ!間違った」というフリをして相手にメールや電話をしてみるといいでしょう。

ただ、本来はそんなプライドなんて復縁に障害でしかなりませんから、きっぱりと捨てたほうがいいのかもしれません。どうしてもという場合に、使ってみてください。

きっかけ2・飲み会参加のお知らせ

別れの原因やその後の状況にもよりますが、共通の友達を交えた飲み会に参加してみましょう。

二人で会うのはまだまだ気まずいけど、二人が知っている友達を交え、ちょっとアルコールの力も入ると、ややストレートに今の気持ちを伝えることができるかもしれませんね。

ただし、相手が復縁を一切望んでいないという場合には、飲み会の参加は絶対にしない、その場でアルコールは一切口にしないという可能性もありますよね。

きっかけ3・ランチに誘う

別れた後でも気軽に連絡を取り合える場合は、まず復縁計画の第一歩として、ランチに誘いましょう。

この場合、雰囲気の良いところでなくていいでしょう。

ファーストフードや大衆レストランなど、友達同士でも気軽に行けそうなくらいの場所を選ぶのがポイント。

相手に警戒されないようにしなければ、次の約束を取り付けることは難しくなりますので、手始めに気軽な場所で食事の時間を作れるようにしてください。

きっかけ4・友人の力を借りる

どうしても復縁を成功させたい場合には、共通の友人に協力してもらうほかありません。

ただ友人の行動次第では、復縁が失敗に終わるリスクがあるということも忘れないようにしましょう。

なぜなら、友達のことを思うあまり、行き過ぎた行動をとる友人も少なくありません。

二人の気持ちを無視した行動は、良い結果になることはありません。

きっかけ5・誕生日を祝う

意外に思われるかもしれませんが、復縁を成功させている方に多いのが誕生日を祝うという行動なんです。

単にメールでおめでとう等、祝福の言葉でかまいません。

そこに下心がなく、心からの祝いの言葉である場合には、よりを戻す可能性がぐっと高まるといわれています。

誰だって誕生日という特別な日を無条件で祝ってもらうのに、抵抗を感じる方はいませんよね。

憎しみあって別れた二人だとしても、その日だけは特別な展開を期待してもいいのかもしれません。

復縁に失敗する4つの禁止行為

恋の修復に失敗する4つの禁止行為
失恋した当時の精神状態は、とても不安定です。

正しい判断力は低下し、何をするにもままならない状況です。

経験したことのある方ならその辛い状況をよく理解できると思いますが、寂しさだけでなく、今後の不安や怒り、あせりや憎しみ、絶望感などあらゆる感情に押しつぶされそうになるでしょう。

それでも復縁を成功させたいと強く願うのであれば、まず、辛い失恋という状況から立ち直らなければなりません。

その先に復縁という道があるのですから、まずは失恋に関する状況を冷静に受け止めるようにしましょう。

また、復縁を視野にいれている場合には、失恋を受け止める期間に絶対にやってはならない行動があります。

失敗する復縁1・すぐに連絡をしてしまう

失恋の寂しさから、ついつい元彼や元カノに連絡をするという方もいるでしょう。

ちょっと声が聞きたい、もう一度自分の気持ちを伝えたい、本当に二人の関係がこれで終わってしまったのか話し合いたいなどいろいろな思いがあると思いますが、別れを決意したのであれば、相手にはそれなりに理由があるはずです。

そんな気持ちをないがしろにし、ただ感情的に連絡をいれるのは良い傾向とはいえません。

失敗する復縁2・自虐的な言動、行動

一方的に振られると人は、自虐的な行動や言動に走りがちです。

なぜもっと「あの時ああしなかったのだろうか」「もっとやさしくできなかったのだろうか」などなどさまざまな後悔の念がくるくると頭をよぎるでしょう。

ただ、自分を責めてばかりいても過去の出来事を元に戻すことは不可能です。

そんな考えは、負のスパイラルに自分を取り込むことしかありませんので、絶対にネガティブな感情を持ってはいけません。

また、後悔というネガティブ感情は、負の現実をどんどん引き寄せてしまいます。

失敗する復縁3・相手を責めて立てる

自虐的になることは、絶対によくありませんが、それよりも相手を罵る、責めるといった行動は、復縁するにあたって絶対にやってはいけない行動です。

どんな事情があるにせよ、相手を責めるような気持ちがまだそこに残っているということは、現実的に復縁できるとは到底思えないのです。

万が一にでも復縁が成功した場合でも、その生活は最悪な結果になることは明らかです。

互いに望んで別れを決めたことなのですから、誰が悪いということではないはず。

ましてや復縁を望んでいるのであれば、過去の過ちは一度すべてクリアにしなければなりません。

それができなければ復縁をしてはいけないのです。

失敗する復縁4・友人への相談

最後に、失恋をした直後や復縁の相談を行う場合というのは、近しい友人だけに行う方が多いようです。

特に女性の場合がその傾向が強いのですが、それは絶対に避けましょう。

なぜなら近しい人というのは、あなたにとってマイナスになることは絶対にアドバイスしません。

あなたの耳に心地の良い言葉で精神的な落ち着きを取り戻すことはできますが、その結果、幸せな復縁ができるとは考えにくいからです。

誰のアドバイスも必要ありません。

復縁成功に必要なのは、自分自身の変化だけなのです。

復縁に必要な冷却期間!時期を見極めるのが大切

復活愛に必要な冷却期間の大切さ
復縁する方法の中には必ず「冷却期間」という言葉があります。

「冷却期間」とは何か?

復縁を成功させるためにはなぜこの「冷却期間」が必要なのか、何のためにその期間を設置するのかを紹介します。

復縁するのに必要な冷却期間

「冷却期間」というのは、恋愛関係にあった二人や夫婦関係にあった二人が別れた後、例え一方が復縁を望んでいたとしても一切アクションを起こさない、起こしてはいけないといわれている期間のことを示しています。

冷却期間にあたるこの時期は、互いに愛し合っていた二人であったとはいえ、何かしらの原因で別れてしまった直後なのですから、感情的になり、中には愛しさがひっくり返り、憎悪すら感じていることだってあるのです。

その期間に二人が再び出会うようなことがあれば、復縁できる状況もすべて崩壊する危険性が高くなるのです。

つまり冷却期間とは、二人が一切会わないことで、最悪の事態を避けることができるという意味もあるのです。

復縁に冷却期間がもたらす効果

別れた直後の男女は感情的になり、相手を攻撃する傾向にあります。

実際には心に思ってもないことも喧嘩の延長上で、思わず口にし、相手を傷つけることもあるでしょう。

愛しているからこそ、思わず出てしまった言葉というのは、一生相手の心に深く傷をつけることになり、そこからの修復、復縁は非常に困難とさせてしまうのです。

冷却期間とは、怒りや後悔、あせりや悲しみなど、さまざまなマイナスの感情を取り除くために必要な期間で、負の感情を取り除かなければ正常な行動はできないのです。

本気で復縁を希望しているのであれば、冷静さを取り戻し、まっさらな気持ちで、相手ともう一度向き合うための精神状態を取り戻す期間であり、感情的になった自分の醜さを相手に見せることを避ける為にも必要なのです。

この時期、相手に会いたい気持ちはよく理解できますが、ぐっとこらえることで、負の状況をぶつけることが避けられ、復縁の可能性を高めることができます。

復縁成功までに必要な冷却期間の時間

どのくらいの時間をおけば、感情のコントロールができるのか、冷静さを取り戻せるかというのは状況によって様々です。

どのような理由で別れてしまったのか、今どのような状況なのかによって、必要な冷却期間は様々です。

通常復縁を可能とする期間は、別れてから3ヶ月といわれていますのでそれを目安に気持ちの整理を行うといいでしょう。

だからといって焦ってはいけませんし、長く置きすぎてもいけません。

突発的な喧嘩の場合は、約3週間程度で復縁できる場合もありますので、その状況をよく把握できるようにしましょう。

万が一、職場やアルバイト先が一緒という場合は、極力顔を合わせないように注意し、冷却期間に近いような環境を作れるようにしてください。

冷静に考えられるようになったら冷却期間終了の合図!

心が落ち着き、そろそろ復縁のタイミングだと判断したら、軽くジャブをうちましょう。

連絡が取れる環境にある場合なら、メールで軽い状況報告を送るのもいいかもしれません。

返信が直ぐにない場合には、もうしばらく冷却期間をとることも重要です。

復縁とは、一方の気持ちがあっても成立できません。

互いの気持ちが、落ち着きを取り戻さなければ復縁は成功しませんので、あせらず慎重に行うようにしましょう。

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際、何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
  • 復縁でやってはいけない事ってある?
  • 連絡しても良いのか悩む!

など、復縁に関して疑問があり、具体的な方法を知りたい方はこちらを確認してください。
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方