menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

タイプ別恋愛依存回復で本命の男とヨリを戻す方法

タイプ別恋愛依存回復でヨリを戻す方法

恋愛関係にあると自分では気づかないうちに、彼に依存しているという女性も少なくありません。
生活のすべてが彼中心となっている女性の場合、もっとも問題となるのは恋愛関係が破綻する時です。

男にとって、依存されるという状況は苦痛以外に何もありません。
万が一復縁を要求するのであれば、そんな恋愛依存体質からの脱却を図らなければならないでしょう。

ここでは、恋愛依存のタイプ別に復縁を可能とする方法を紹介しましょう。
恋愛依存といっても単なる依存とは異なり、以下の4つの種類に分別されます。

タイプ1・共依存型

共依依存とは、恋人同士がいずれも依存し合っている状態のことを示します。
互いは恋人同士であると思っていますが、実は、その関係は対等ではなく、むしろ親子関係のような状態です。

女性の場合、自分には何のとりえもなく能力もないと感じているタイプが多く、そのため自立した生活力、経済力のある男性に魅了され交際がスタートするのがこのタイプのカップルです。

依存している女性は、自分のすべてに自信がないため、常に相手に捨てられるという恐怖心で一杯です。
そのため男性を束縛したり、嫉妬深くなるなどの傾向にあるため次第に男性が窮屈になるのが特徴的です。

復縁するためには、自信をもてるような趣味や特技を作ること、自分ひとりの時間も楽しく過ごせるような自分になることが重要です。

タイプ2・回避依存型

自分の理想とするものを相手に強引に押し付ける、相手を束縛する傾向にある回避依存は、幸せになることを避ける傾向にあります。

万が一彼に捨てられたときのためにと、常に予防線を張っている状態にあるため、複数の異性と広く浅くの関係を作るのが特徴的です。

本気で好きな彼とよりを戻すためには、その原因となる幼少期の親子関係にまでさかのぼり、トラウマを解消しなければ依存体質を克服することは難しいでしょう。

タイプ3・ロマンス依存型

恋愛が自分の生きるすべてであると考えることから、一見情熱的であるように見えるが、実は独占欲が強く、波乱にみちた恋愛を行う傾向にあります。

このタイプの女性が恋愛をすると、短期間で一気に恋愛の頂点にまで達するが、下降も早く、別れた後の後悔もひどく残るといわれています。

ロマンス依存型の女性は、一つ一つの恋愛を長く継続することを意識し、一気にかけあがるのではなくゆっくりと恋愛を楽しめるように努力しましょう。

毎日会っていた彼と、週末のみ会うようにし、別の交友関係や同姓との時間も作れるよう努力しなければ復縁は厳しいで
しょう。

タイプ4・セックス依存型

セックス依存型の女性は、自分がセックス依存であるということを認識することからはじめなければなりません。
まさか自分が・・・などと思っている方が多いのもこのタイプの女性です。

彼との性行為そのものが生活や仕事、メンタル面に悪影響を及ぼしているということをしっかりと受け止めなければ次に進むことはできません。
次に行うことは、プロのアドバイスを受けることです。

この手の女性は、一人でどうにかできるものではありません。
専門家に相談した上で、適切な対処を行う必要が急務なのです。

以上のように、彼との復縁を望んでいるのであれば、今抱える依存体質を改善し、普通の恋愛ができるような女性になりましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事