menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

これってタブー?元彼女とヨリを戻すときに気をつけたい3つの事

ヨリを戻すときに気をつけたい3つの事

別れた彼女と復縁したくて、いろいろと努力したけれど、これがあっては、努力が水の泡という状況があります。
復縁ができない状況とは、一体どのようなケースなのかをしっかりと勉強し、努力が無駄にならないように注意してください。

タブーその1・別れ際に相手を罵倒、険悪なムードのままの音信不通

別れる時の状況によっては、いくら復縁活動に力をいれても、元カノの気持ちを再び振り向かせることが出来ないことがあります。
それは、別れ際に発した言葉たち。

どんな原因であれ、彼女を罵るような言葉を投げつけ、そのまま別れてしまうのは、絶対にやってはいけない行動です。
しかも、険悪なムードのまま元カノと一切の連絡がとれない、連絡が無視されるという場合には、復縁の可能性は限りなくゼロに近い状況にあります。

別れ際にただ、怒られるのとは違い罵倒されるというのは、この先一生悪いイメージとして彼女の記憶にとどまります。
あなたとの思い出がとても輝かしいものであったとしても、たった1回の罵倒する言葉によってすべてなかったことになるのです。

その状況で復縁を考えるならば、まずは、元カノを傷つけてしまったことを心から謝罪し、これまでのことを感謝する気持ちを伝えることからはじめましょう。
時間はかかると思いますが、彼女の閉ざしている気持ちを開いてあげることからはじめなければいけません。

タブーその2・両親の反対

別れの原因が互いのトラブルではなく、いずれかの両親に反対されたという場合にも復縁は難しくなります。
かなりのハードルを越える覚悟がなければいけないでしょう。

なぜなら、恋愛関係の次に控えているのは、結婚という関係です。
つまり、結婚とは、二人だけの問題ではなく、当然両親や親族などを巻き込んでしまうからです。

両親に反対されて、二人が別れることになったのなら、両親に自分の存在を認めてもらえるように努力すべきです。
社会的地位、経済的余裕、人間性、家庭環境等、あらゆる状況を整えた上で、もう一度復縁を目指しましょう。

タブーその3・引き際の悪い別れ方

別れた直後に、しつこくメールをしたり、自宅におしかけたり、復縁をせまるなど焦る気持ちからストーカー的な行動をやってしまったという場合も復縁の可能性が限りなくゼロに近づきます。

復縁には冷却期間が必要だとあれほど言われているのに、感情的に行動してしまっては、絶対にうまくいきません。
別れた直後に混乱しているのは、あなただけではないのです。

失恋という辛い状況に疲労困憊しているのは、彼女も同じです。
気持ちの整理も付かないまま、しつこく纏わりつかれたら、きっとあなたの事が嫌いになるどころか、恐怖を感じることもあるでしょう。

もうやってしまったことは、後の祭りですので、とりあえず、謝罪し、しばらくは冷静になれる時間を互いに持つことが重要です。
この場合も、信頼を回復するまでにかなりの時間がかかりますが、冷静な判断力を取り戻せるまでじっと時が来るのを待つのみです。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事