menu

復縁の仕方~よりを戻す方法~

失恋をプラスに作用するための2ステップ

失恋をプラスに作用するための2ステップ

失恋=恋のあきらめではない?!

好きな人に勇気を振り絞って告白をした。なのに結果は粉砕。

人は、相手に振られてしまう失恋をすると、なぜかその恋をあきらめてしまうというのがあたりまえの状況になっています。

彼や彼女に気持ちを受け入れてもらえなかった、それはしょうがない、苦い経験として受け止めよう、なんて、それが常識的になってはいませんか?

でも、本当にそれでいいのでしょうか。

これまでずっと一人の人だけを愛してきたのに、たった1回の告白で受け入れられなかったということで、すんなりあきらめていいのでしょうか。

それで納得できる人は、次の恋に進むこともできるはず。

しかし、どうしてもその答えに納得できない人は、もう一度復縁をめざし、最アタックしてみてもいいのではないでしょうか。

復縁を望むのは悪いことではない

一般的に、終わってしまった恋に執着するのは、みっともないという言葉で片付ける方が多いように思われますが、はたしてその考えは正しいのでしょうか。

恋を成就させるのは、そんなに簡単なことではないのです。

それをたった1回の告白で終わらせてしまうなんて、そんなもったいないこと本来はできないはず。

自分の気持ちに納得できるまで気持ちを整理させ、再アタックすることは悪いことや恥ずかしいことではないのです。

本当に相手のことが好き、二人の愛を復縁させたいと願うのであれば、一度や二度の失敗におびえていてはいけません。

なぜ振られたのか?を考えることが第一のステップ

だからといって、あたりかまわず復縁をしてはいけません。

なぜ振られてしまったのか、なぜ自分の恋が実らないのかをしっかりと受け止め、考えなければならないのです。

その答えが自分なりに整理できなければ、なんど復縁を目指しても、結果はすべて同じだからです。

例えば、突然の告白に相手がびっくりして、勢いで断ってしまったという場合もあるでしょう。

さらに告白されたものの、相手のことを良く知らないという理由から断られた場合には、まず自分自身のことを知ってもらうための努力も必要です。

ただ、相手に好きな人がいる、すでに交際が順調でその間に割り込む隙がない、まったく相手にされていないという場合は、復縁をあきらめ、次の恋を見つけることも重要です。

振られた理由を理解し、改善することが第二のステップ

一度目の失恋で、なぜ振られたのかを具体的に分かったら、その原因となるものを改善するよう努力しましょう。

例えば、見た目が悪いから嫌だといわれたら、好きな相手の求めるように体を絞ったり、印象を変えるなどの努力も必要です。

その他、経済的な面や癖、女性関係などなど、復縁に関する障害となることは、できる限り取り除く努力をした上で、復縁を行うようにしましょう。

たとえ、それでまた振られた、失恋したとしても、これまであなたがやってきた努力は、次の新しい恋にむけ、プラスに作用することは間違いありません。

失恋とは、自分自身を成長させるだけの大切なプロセスであることを忘れず、真剣に受け止めるようにしましょう。

復縁のアドバイスが欲しい方

  • 一人で考えても良い解決方法が思いつかない!
  • 本当に真剣に相談に乗ってくれる人がいない!
  • 行動しようと思っても不安だらけで動けない!
のように、復縁でお悩みであればこちらを参考にして下さい。
復縁を誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

復縁の具体的な方法が知りたい方

  • 実際何をしたら良いかわからない!
  • いろいろな要素があって整理しきれない!
  • 復縁の方法ってどんなのがあるの?
など、もっと具体的な方法やノウハウが気になる方はこちらを検討してみましょう
あなたのやり方は正解ですか?正しい復縁のすすめ方

関連記事